スポーツ

メジャー挑戦「7人のサムライ」を実力査定(2)二塁手転向を勧められた青木

 川﨑ほどではないにせよ、きわめて低評価なのが青木だ。WBCに出場し、打撃のタイトル(首位打者、最多安打、出塁率)も取っている。だからポスティングには10億円ぐらい用意しないとダメだろう、と思われているのだ。メジャー関係者が明かす。
「ところが代理人は『青木に興味があったら、とにかく入札してくれ。彼は来るから』と、入札額の引き下げに必死‥‥というおかしなことになっている。10億円もつぎ込んでまで獲りたい選手ではないからです」
 理由は明白だ。メジャー関係者が続ける。
「守備の評価がすこぶる悪いんです。WBCで青木を見たスカウトが『彼は二塁できないの?』と言ったほど。体のサイズが外野手向きでなく、『あの守備は使えない』と判断された。ノックを受けても『返球が短すぎる。ショートがどこまで捕りに行ってるんだ』と弱肩を酷評していました」
 センター失格宣言を出された青木だが、ライトは強肩であることが要求されるし、メジャーではレフトは松井秀喜のようなガッチリタイプのスラッガーが納まるポジションとされている。前出・デスクは言う。
「両翼は、打ちまくれば守備が悪くても目をつぶってもらえる。青木はレフトですよ。スラッガーでなくてもいい、という球団に獲ってもらえば‥‥」
 とはいえ、その作戦も怪しいようで、
「アメリカでは『今年の成績が去年よりだいぶ落ちている。しかも、パワーレス』と報道された」(友成氏)
 名門ヤンキースが250万ドル(約1億8750万円)で落札した中島は、キャッシュマンGMが「内野にはレギュラーがいる。彼らをサポートする役割を期待している」と話すなど、ハナから控え扱いであることが明らかになった。確かにヤンキースには、三塁・ロドリゲス、遊撃・ジーター、二塁にカノという球界屈指の強打者が君臨する。
「日本球界NO1だった西岡が、遊撃失格で二塁転向。グラブさばきがいまひとつで、肩も強いとは言えない中島も、二塁をやったほうがいい」
 とメジャー担当記者が言えば、友成氏もショートストップとしての中島を次のように査定するのだ。
「二塁寄りのゴロを捕球する際、体が一塁側に流れるんです。すると、捕球から送球までに時間がかかる。それがネックと言われています。三遊間の深いところのゴロも、ふんばってビューンと投げるのを見た記憶がないですね」
 ここは天才肌とも称される打撃でレギュラーをつかみ取るしかない。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」