芸能

山本モナ 自伝に濡れた「武勇伝」

 男スキャンダルで2度の番組降板。お騒がせ女子アナ・山本モナ(35)=現・中西モナ=が初の自伝本を出版した。本誌はそこにも掲載できなかった“赤っ恥エピソード”を蔵出しする。

 その自伝本「モナ 本当の私」(日経BP社)の帯には「仕事、人間関係、恋、不妊で悩んだ…『山本モナ』のすべてを語る」とのあおり文句が躍る。
 芸能デスクが説明する。
「昨年、一般男性との結婚を機に芸能界を引退していましたが、このほど山本モナをリセットし、人生を再スタートさせるためにと自伝本を刊行した」
 その中身はノルウェー人の父と過ごした尾道時代に始まり、初の交際相手に二股をかけられた涙の初恋話や、大学時代に出会った9つ年上男性とセックスレスに至った経緯などを赤裸々につづっている。
「大阪朝日放送に局アナとして入社。報道部に異動して和歌山カレー事件などを取材した。切れ込みの激しいスカートのスリットから赤いTバックをのぞかせて、男性スタッフを悩殺していた武勇伝も描かれているが、番組で共演した俳優の椎名桔平とのロマンスについては、さすがにノータッチでした」(前出・芸能デスク)
 その後、05年にフリーとなり、「NEWS23」に抜擢されるまでの舞台裏を明かしている。
「実名こそないですが、民主党・細野豪志議員(現・原発担当相)との不倫愛についても触れています。その謹慎後、スイカのかぶり物でバラエティ復活を遂げ、再び別の報道番組へのオファーが舞い込んだやさきのスキャンダルが、巨人・二岡智宏(当時、現・日本ハム)との一夜でした。それについてもやんわり触れています」
 再びマスコミの目を避け隠遁生活を送っていたのだが、その頃、意外な場所で本誌記者が遭遇したのである。
「場所はSMAPの草彅剛が『裸になって何が悪い』と全裸で暴れた六本木の公園です。モナが散歩に来るという情報にさっそく行ってみると、本当にモナが愛犬を散歩させていた」
 挨拶をしようと記者が近づくと、スキャンダルで過敏になったか、モナは近くの交番に駆け込み、記者は職質を受けるハメに。
「警官も『あのモナか!』と、珍しいものでも見たような口ぶりでしたね」
 中西モナとなっても、どこかでお会いしたい。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明