芸能

山本モナ 自伝に濡れた「武勇伝」

 男スキャンダルで2度の番組降板。お騒がせ女子アナ・山本モナ(35)=現・中西モナ=が初の自伝本を出版した。本誌はそこにも掲載できなかった“赤っ恥エピソード”を蔵出しする。

 その自伝本「モナ 本当の私」(日経BP社)の帯には「仕事、人間関係、恋、不妊で悩んだ…『山本モナ』のすべてを語る」とのあおり文句が躍る。
 芸能デスクが説明する。
「昨年、一般男性との結婚を機に芸能界を引退していましたが、このほど山本モナをリセットし、人生を再スタートさせるためにと自伝本を刊行した」
 その中身はノルウェー人の父と過ごした尾道時代に始まり、初の交際相手に二股をかけられた涙の初恋話や、大学時代に出会った9つ年上男性とセックスレスに至った経緯などを赤裸々につづっている。
「大阪朝日放送に局アナとして入社。報道部に異動して和歌山カレー事件などを取材した。切れ込みの激しいスカートのスリットから赤いTバックをのぞかせて、男性スタッフを悩殺していた武勇伝も描かれているが、番組で共演した俳優の椎名桔平とのロマンスについては、さすがにノータッチでした」(前出・芸能デスク)
 その後、05年にフリーとなり、「NEWS23」に抜擢されるまでの舞台裏を明かしている。
「実名こそないですが、民主党・細野豪志議員(現・原発担当相)との不倫愛についても触れています。その謹慎後、スイカのかぶり物でバラエティ復活を遂げ、再び別の報道番組へのオファーが舞い込んだやさきのスキャンダルが、巨人・二岡智宏(当時、現・日本ハム)との一夜でした。それについてもやんわり触れています」
 再びマスコミの目を避け隠遁生活を送っていたのだが、その頃、意外な場所で本誌記者が遭遇したのである。
「場所はSMAPの草彅剛が『裸になって何が悪い』と全裸で暴れた六本木の公園です。モナが散歩に来るという情報にさっそく行ってみると、本当にモナが愛犬を散歩させていた」
 挨拶をしようと記者が近づくと、スキャンダルで過敏になったか、モナは近くの交番に駆け込み、記者は職質を受けるハメに。
「警官も『あのモナか!』と、珍しいものでも見たような口ぶりでしたね」
 中西モナとなっても、どこかでお会いしたい。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは