社会

本当にそれは健康にいいの?「長生きするのはどっち」!(2)お酒との付き合い方編

20150409z

 気を取り直して、翌朝の二日酔いには

【6】「サウナ」か「グレープフルーツジュース」か?

 どっちが効果的?

「サウナでアルコールが抜けることはありえない。アルコールはほとんど肝臓で分解され、汗で排出されるのは微量。そもそも高温で急激に発汗すると運動した時とは違い、サウナは汗と一緒にナトリウム、カリウム、カルシウムなど必須ミネラルも排出してしまう。グレープフルーツはビタミンCやクエン酸などが含まれ、肝臓でのアルコール分解も助けてくれるので二日酔いに最適。他にレモネード、甘口の梅干しもいい」

 冷蔵庫に常備しておきたい。

 二日酔いで頭痛の朝こそ、酒とのつきあい方をもう一度考え直すチャンスだが。

【7】「休肝日を必ず作る」か「毎日適量」か?

「正直言って1日お酒を飲まないくらいで肝臓が復活するわけではない。最低でも2週間くらいやめないと元に戻らない。もちろん毎日飲むのはよくないが、休肝日を設けた代わりに他の日にたくさん飲むんだったら、毎日適量で飲んで適量を越さないほうがいい」

 せっかく休肝日で自粛しても、他の日に飲みすぎれば意味がない。

「仕事と同じで、2週間休ませてくれたら元気になるが、1日休んだからといって疲れは取れないでしょ。1日休んだから、毎日残業しなさいと言われたら死んでしまう。肝臓もそれと同じ状態です」

 今夜は飲まずに肝臓を休ませているから‥‥という言い訳は肝臓にいいわけない!

 ところで、健康常識として今も信じられているのが「血液サラサラ食品」だが、

「何かを食べれば血液がサラサラになるというのは間違い。納豆、梅干し、たまねぎばかり食べるという極端な食事法は無意味です。むしろ、酒、タバコ、コレステロール、サウナなど血管が詰まりやすい条件を避けることで血液は元どおりサラサラになる」

 納豆を食べ続けたら血液がよりサラサラになるわけではない。要は不摂生をしなければ詰まりにくい血流に戻るというのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?