芸能

このタッグはヤバい!?キムタク、10年ぶりの主演時代劇映画に垂れ込める暗雲

20151007kimura

 木村拓哉の主演時代劇が11月にクランクインする。累計発行部数500万部を突破したアクション漫画「無限の住人」(原作・沙村広明)の実写版だ。鬼才・三池崇史監督との初タッグとなる。2017年5月の公開予定で、木村にとって10年ぶりの主演時代劇映画になる。

 不老不死の侍役に挑戦するキムタクについて、映画記者は言う。

「原作では頭を拳銃でぶち抜かれても、刀で手足を斬られても、しぶとくゾンビのように生き続ける。最終的に体は元通りになるんですが、すぐには戻らないため、かなり血みどろでグロいシーンになりそうです。スピルバーグ監督がリアリズムを追求した映画『プライベート・ライアン』冒頭のオマハ・ビーチ上陸作戦シーンのような凄惨なシーンが延々と続くことが予想されます。女性ファンは正視に耐えないでしょう」

 キムタクが時代劇を選んだのには3つの理由があるという。まずは原作の漫画が世界22カ国で出版され、米アイズナー賞に輝くなど、国際的評価が高いこと。2つめは、三池崇史がメガホンを取ること。そして3つめは、9年前に主演した時代劇映画「武士の一分」(山田洋次監督)のヒットだ。

「11年前、キムタクは出演した香港映画『2046』のキャストとしてカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを踏んでおり、今回の映画が出品されれば、主演俳優として初の凱旋となる。三池監督は日本より海外での評価が高いため、賞取りもまんざら夢ではない。キムタク自身も『監督もプロデューサーも、目線の先に海外を意識していると感じた。ヨーロッパをはじめ、海外の方々にも観ていただけたら』とコメント、その気満々です。今夏公開された主演映画『HERO』が尻すぼみの成績に終わっただけに、もう失敗は許されない。賞取りはすなわち、日本でのヒットに直結します。カンヌ映画祭グランプリなんて取ったら、5億円は興行収入に上乗せができる。日本ブームに沸くフランスなら時代劇のウケがいい。興収41億円のヒットを記録した『武士の一分』の夢よもう一度、といったところなんでしょう」(芸能ライター)

 一方、キムタクに危惧を感じる者もいる。先の映画記者が言う。

「これまではキムタク流で思い通りにやってきたが、三池監督は一筋縄ではいかない男。号令一下動く三池組の結束は鉄よりも固い。常連俳優の伊藤英明が『三池組は朝から夜まで寝ずに撮影し、全く妥協しない』と震え上がるほどハードな撮影の連続ですからね。もし互いの意見がぶつかり合えば、一触即発の事態になりかねません」

 撮影中、どんなとんでもエピソードが飛び出すのか、心待ちにしたい。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
3
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
4
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
5
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”