芸能

紳助ファミリーだった!木下ほうかの「恩人エピソード」にお茶の間が拒絶反応

20160708kinoshita

 遅咲き俳優の木下ほうかが、7月1日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」に出演。

「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)のイヤミ課長役でスポットを浴びた木下は、多くの作品で演じる意地悪キャラの圧倒的な存在感で今やブレイク街道をまっしぐら。

 そんなノリノリの木下だが、自身のブレイクの影にはある恩人の存在があったことを同番組で語っている。

 不遇時代に支えてくれた恩人のエピソードは、通常、話した本人も名前を出された相手も好感度が上がるものだが、木下の場合は真逆の展開となってしまったようだ。というのも、木下の口から恩人として紹介されたのが、あの島田紳助だったからだ。

 木下は16歳のときに、紳助・竜介主演の映画「ガキ天国」で俳優デビューし、それ以降も紳助にお世話になっていたと言い、「恩人でもあり見本だった。あんな感じになりたいと思っていました」と打ち明けた。

 そんな紳助からは昨年12月頃に木下のブレイクを祝福する電話がかかってきたことも報告され、視聴者からは、「えっ、まだ紳助と繋がってるの?」「恩人かもしれないが、聞きたくなかった」「ほうかさんも紳助ファミリーだったんですね‥‥う~ん」「あんな感じになりたいと言っちゃダメでしょ」など、木下の“正体”を残念がるコメントが多く聞かれた。

「紳助と木下の付き合いはかれこれ30年以上。紳助の誘いが東京へ進出するきっかけにもなっているということもあり、木下にとっては自分を語るうえでは紳助は外せない人物でしょう。しかし、一般視聴者の紳助に対するイメージはまだブラックなまま。個性派役者にとっては痛手にはならないとは思いますが、木下の演技のファンだったライト層からの好感度は下がるかもしれません」(芸能記者)

 この話は完全に“蛇足”だったようだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”