芸能

紳助・さんま・松本人志に泣きついた宮迫に「やっぱりクズ」の大ブーイング!

 7月24日発売の週刊文春で、2011年に暴力団関係者との交際を認め芸能界を引退した吉本興業のOB・島田紳助氏が、闇営業騒動について言及。そこで出た宮迫の話にブーイングが巻き起こっている。

 島田氏は、闇営業については“若い芸人はやらないと食っていけない”と述べ、吉本については「大崎クビにしたら会社潰れんで」と、あくまで大崎洋会長をトップとした体制での立て直しが必要と持論を展開した。

「その中ではもちろん謹慎中の宮迫について触れていたのですが、『トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。遊びに来て、みんなで』と直接会っていたのだといい、へこんでいた宮迫に、『まだまだ引退したらあかん』『ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きや』と、激励したのだという。しかし、そんな宮迫にネット上では《先輩みんなに泣きついてやっぱクズだわ》《結局どこの派閥なんだよ》と、自ら開いた会見での意を決した姿に対する称賛とは打って変わり、批判の声が殺到しているんです」(夕刊紙記者)

 宮迫はその会見で、松本人志に対しては、闇営業問題で当初、金銭の受け取りはなかったとウソをついていたことを電話で謝罪し、「優しい言葉をかけてくれた」と涙しながら語っている。加えて明石家さんまにも手助けを求める電話をしていたことも伝えられており、さんまは宮迫を受け入れる姿勢まで見せている。

「今、吉本への猛バッシングの揺り戻しからか、そもそもの問題の発端となった反社会的勢力の会合への闇営業と金銭の授受、そこでウソをついた宮迫へと批判の矛先がふたたび戻りつつある。これに、『裏で先輩を頼り奔走していた宮迫』が浮き彫りになるにつれ、残念感が加わっている面もあるのでしょう。先輩に好かれているのはよくわかりますが、その相談相手の一人が、反社とのつながりで辞めた紳助さんともなれば、叩かれてもしかたありません」(前出・夕刊紙記者)

 宮迫がうまいこと先輩を抱き込んだということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題