芸能

紳助・さんま・松本人志に泣きついた宮迫に「やっぱりクズ」の大ブーイング!

 7月24日発売の週刊文春で、2011年に暴力団関係者との交際を認め芸能界を引退した吉本興業のOB・島田紳助氏が、闇営業騒動について言及。そこで出た宮迫の話にブーイングが巻き起こっている。

 島田氏は、闇営業については“若い芸人はやらないと食っていけない”と述べ、吉本については「大崎クビにしたら会社潰れんで」と、あくまで大崎洋会長をトップとした体制での立て直しが必要と持論を展開した。

「その中ではもちろん謹慎中の宮迫について触れていたのですが、『トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。遊びに来て、みんなで』と直接会っていたのだといい、へこんでいた宮迫に、『まだまだ引退したらあかん』『ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きや』と、激励したのだという。しかし、そんな宮迫にネット上では《先輩みんなに泣きついてやっぱクズだわ》《結局どこの派閥なんだよ》と、自ら開いた会見での意を決した姿に対する称賛とは打って変わり、批判の声が殺到しているんです」(夕刊紙記者)

 宮迫はその会見で、松本人志に対しては、闇営業問題で当初、金銭の受け取りはなかったとウソをついていたことを電話で謝罪し、「優しい言葉をかけてくれた」と涙しながら語っている。加えて明石家さんまにも手助けを求める電話をしていたことも伝えられており、さんまは宮迫を受け入れる姿勢まで見せている。

「今、吉本への猛バッシングの揺り戻しからか、そもそもの問題の発端となった反社会的勢力の会合への闇営業と金銭の授受、そこでウソをついた宮迫へと批判の矛先がふたたび戻りつつある。これに、『裏で先輩を頼り奔走していた宮迫』が浮き彫りになるにつれ、残念感が加わっている面もあるのでしょう。先輩に好かれているのはよくわかりますが、その相談相手の一人が、反社とのつながりで辞めた紳助さんともなれば、叩かれてもしかたありません」(前出・夕刊紙記者)

 宮迫がうまいこと先輩を抱き込んだということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!