スポーツ

落合博満が「猛毒講演会」で球界メッタ斬り(3)

横浜は休んでるヒマないよ

「この中で横浜ファンいる?」

 講演会の会場が横浜市内だったこともあり、落合氏が聴衆にこう問うと、客席ではまばらに手があがった。

「いるんですね。頑張れよ、あいつら。じゃあ、ファンのために横浜再建策。別に俺、横浜の監督をやるわけじゃないけど、まずは練習させなければいけない。体力強化しかないから、休ませるな」

 常勝球団にした中日を引き合いに出し、落合氏は熱く続けた。

「ピッチャーは別だけど、ドラゴンズはオールスター休み中に2日間の休みだけだった。打てないなら練習しろ。選手が練習してるのに先に帰るコーチはいらない。横浜は休んでるヒマないよ。でも今、ドラゴンズもファームは休んでました。もうダメだな。ユニホーム脱ぐ時に必ず『もう1年やらしてくれ。もっとできる』なんて言うヤツがいるが、それまでに死ぬ気でやってこなかったヤツなんかいらないんだよ」

 しきりに横浜の練習不足を指摘したが、落合氏が課すノルマは並大抵ではない。

「(監督初年度の)中日では、『お前ら、ヘタで練習しなかったら勝てるわけない』と言った。11月の沖縄。19時過ぎまで明るいです。夕方までケージで打たせてたら『俺ら練習してる』と言うヤツに限って『足つった、背中が張った』となる。『マメができた』と逃げようとするヤツが出れば、ポケットに包帯を携帯させ、水分補給に行って帰ってこないヤツが出れば、水を何本でもケージに置かせた。あいつら、逃げられなくなった。できないなら、できるようになるために、まず、打つ体力をつけなければならなかった」

 当然、中畑清監督(58)にも注文をつけた。

「俺は中畑清、好きだけど、点取ってベンチで踊るなよ。俺だったらルイーズ(34)=前楽天。6月に入団=は連れてこない。彼に何を期待すんの。同じ負けでも次につなげる。俺なら(前日の試合で)7点取られた国吉(佑樹・20)を9回まで行かすよ。どうせ球宴前なんだから、150球投げさせたっていい。どうやったって昨日は負けなんだから。まあ、第三者だから言える。野球解説者は責任ないから」

 落合氏はDeNAへのエールも忘れなかった。

「横浜はまだ巨人と8戦しかやってない。ここに横浜の意地を見たい。中畑清監督、あれだけ大見得切って、『ジャイアンツにだけは負けたくない』って言ったんだから」

 予定の時間をオーバーし3時間も熱弁を振るうのだった。はたして来年以降も落合氏は講演を続けるのか。それとも巨人の、いや、まさかDeNAのユニホームを着ていることはないだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ