スポーツ

「優勝請負人」落合博満が「巨人コーチ」中畑清を仰天させた「バット管理法」!

 元プロ野球選手、落合博満氏。日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王に輝く偉業を成し遂げた落合氏が、1994年、巨人移籍の報を受けた時は、伝統の人気球団でどこまで活躍するかと心躍ったものだった。

 しかし、その時、落合氏はすでに40歳を迎えており、ピークは過ぎていた。94年からの3年間で毎年100本以上の安打を記録したのはさすがだが、本塁打、打点、打率ともに月並みな成績で、タイトル争いに加わることはなかったのだが…。

 そんな落合氏について、テレビ東京が運営するYouTubeチャンネル〈テレビ東京スポーツ〉の、10月8日投稿回〈今年のロッテ快進撃と落合博満に深い関係が!?【キヨシの超本音解説】〉では、元プロ野球選手の中畑清氏が出演し、当時、巨人のコーチだった立場から、「オチに感謝してる」と感謝の念を述べていた。

 93年から巨人のコーチに就任した中畑氏だったが、その年はセ・リーグ3位に終わった。すると当時の長嶋茂雄監督は打線に軸がないことから94年に落合氏の獲得に乗り出したそうだ。落合氏の年齢を鑑み「今から?」と疑問を抱いていた中畑氏だが、結果大成功だったと振り返る。

 その1つに「あれは球界で落合が第一人者じゃないの?」と、中畑氏が驚く落合氏のバット管理方法があったと明かす。バットがわずかでも水分を吸って重さが変わらないようにとの配慮から、ジュラルミンでバットケースを作っていたというのだ。他にも、遠征先にも備長炭を持参して睡眠の質を向上させるなど、体調管理には余念がなかったそうで、その姿を見て入団2年目の松井秀喜氏も大きく影響を受けたと語る。

 落合氏が入団した94年は巨人が日本一に輝き、まさに優勝請負人の活躍を見せている。打つ、投げる、だけではない教えを後輩の胸に刻んだ落合氏は、やはり偉大だったと感嘆するばかりである。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
田中理恵、地団駄踏んでバストがブルンブルン!ゴルフ練習動画が艶すぎるッ