芸能

真木よう子はダマされていた!フォトブック企画があっさり撤回された「裏側」

 女優の真木よう子を巡る「コミケ騒動」が新たな展開を迎えた。クラウドファンディングの「CAMPFIRE」でフォトマガジンの制作資金800万円を集め、その本を今冬の同人誌頒布会「コミックマーケット93」(冬コミ)で販売しようともくろんでいたプロジェクトが8月30日、頓挫したのである。

 CAMPFIREのサイトからは本プロジェクトが削除。つまりコミケへの参加や販売どころか、フォトマガジンの制作自体が取りやめになった形だ。600万円以上を集めた資金については返金が行われるので実害はないものの、後味の悪い結果となったことは否めないだろう。この顛末に、IT系のライターが首をかしげる。

「最も解せないのは、プロジェクト自体が中止になったこと。CAMPFIREの規約では『やむを得ない理由でプロジェクトの開始が実行できないとプロジェクトオーナーが判断』した場合にしか資金募集を中止できないからです。しかし本企画ではコミケでの販売意向こそ取り下げたものの、真木側では具体的な発送予定日も設定し、フォトマガジンの制作を続けると明言していました。ですから本来なら中止は認められないはずなのです」

 当の真木はプロジェクトを中止した理由について「責任者である立場なのに、主導権を握れなかった」と発表。また29日に突如閉鎖したツイッターでは、閉鎖直前にアカウント名を「????騙された????」に変更していた。これらの状況を受けてIT系ライターが続ける。

「もはや真木が周辺の人物にダマされていたと見るのが自然でしょう。詳細を知らされることなく祭り上げられていたと言い換えられるかもしれません。一部でCAMPFIRE黒幕説も囁かれましたが、そうではなく、むしろ、真木から『私はダマされていたのでこのプロジェクトを中止したい』との申し出があったと考えれば、筋道が立っています。それならCAMPFIRE側も『やむを得ない理由』と認めざるをえませんからね」

 女優人生に汚点を残すこととなった今回のプロジェクト。それでも真木のフォトマガジンに期待するファンは多く、その声が彼女の支えになることを期待せずにはいられないところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
3
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白