芸能

人気ラッパーZeebra、「名前を間違えられブチ切れ」に“器が小さい”の声

 もう少し大目に見てあげることはできなかったのか?

 人気ラッパーのZeebra(ジブラ)が、ファンとの記念撮影に応じたことでちょっとしたトラブルに発展し、ネット上で騒動となっているようだ。そのファンはZeebraとの写真をツイッター上にツイートしたのだが、Zeebraを「ゼブラ」と誤って表記。これにZeebraが気付き、〈名前違うよ。ちょっと撮り損感〉と、その男性にツイッターを通じて、指摘している。しかし、Zeebraの怒りは指摘だけにとどまらず、〈名前も知らない相手にツーショットの写真頼む方が間違ってると思うんだけど。俺も人間だからムカつくに決まってる〉と、怒りを露わに。さらに、その記念撮影に応じた男性が、AAAのメンバーでもあるSKY-HI(日高光啓)のファンであることを知ると〈日高のファンってそんなもんなの?〉と別方向にも怒りが向けられている。

 この一連の流れにネット民からは「ちょっと大人気ないんじゃないか」「名前間違えられたのはショックだろうけど、それぐらい許してやれよ」「ラッパーなんだからもう少し煽り耐性に強くなれ」「日高としてはただただ迷惑だよな」など、Zeebraを批判する声が多数見られている。

「Zeebraとしては、よほど忙しい時以外はファンへの恩返しのつもりで記念撮影には快く応じているとのことですが、自分の名前も知らないレベルなら、ファンでも何でもないから、写真撮影を頼むのはやめてほしいというのが考えでしょう。ただ、嵐の二宮和也(にのみや・かずなり)や、書き間違いという意味ではX JAPANのToshlなど名前を間違って覚えられやすい大物は多い。それが親からもらった名前ならともかく、自分で好んでつけた芸名であれば、多少名前を間違えられる覚悟も必要でしょう。二宮も昨年ラジオ番組で自分の名前の読み間違いについて『かずやと読まれることはあっても、かずなりと(正しく)読まれることはなかなかない』と話しているが、『しょうがないこと』『宿命だと思って』とあきらめの境地に入っているようですよ」(エンタメ誌ライター)

 Zeebraの読み間違いも今後も起こり得ることだけに、Zeebraも二宮のように間違えられることが宿命、ととらえた方がメンタル的にも楽な気もするが…。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ