芸能

人気沸騰の朝日奈央に便乗?長谷川豊“応援ツイート”に「お前が言うな!」大合唱

 元アイドリング!!!の朝日奈央が最近、注目度を高めている。きっかけは3月4日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に初出演した朝日が、「売れるわけない、あんなグループ」とぶっちゃけトークを繰り出したこと。ティーン誌モデルの出身の可愛らしさと、NGなしの高いバラエティ力との対比が面白がられているようだ。

 その朝日に「トップ可愛くないでしょ」と切り捨てられた菊地亜美はすかさず、ツイッターで「朝日も顔は普通だけどなぜか人気だった。チクショー」と反撃。番組で共演したお笑いコンビ・ミキの昴生も「謙虚!!そういうとこも素晴らしい!!」と朝日のアカウントにメンションを入れるなど、SNSでも朝日の周辺が盛り上がっている。ところが朝日のことを古くから知る人物のツイートに関して、「お前が言うな!」と言わんばかりの非難が寄せられているというのである。

「元フジテレビアナの長谷川豊も朝日に対して『頑張れ、頑張れ!』とツイート。『朝日さんが礼儀正しくて一生懸命な女の子であることは我々はみんな知ってること』とエールを送りました。ただ、いただけないのはその他の箇所です。長谷川は上から目線で『テレビは演じ切らなければいけない時もある。悪役を買って出なければいけない時もある』とつづっているのですが、その発言に『自分と朝日を一緒にするんじゃない!』との批判が続出しているのです」(アイドル誌編集者)

 その長谷川はフジテレビ在籍時、「アイドリング!!!」の番組で進行役を務めるなど、何度もメンバーと共演。「アイドリング!!!に理解のあるアナ」としてファンからも一定の支持を受けていた。だが、フリーとなってからは透析患者などに対する数々の問題発言を連発し、活動の場をみずから狭めてきた経緯がある。

「もはや長谷川さんの舌禍癖は広く知られているのに、今回のツイートではそれらの失言について、みずから『悪役を買って出た』と開き直っているのも同然。しかも朝日への応援ツイートに便乗する形で自己主張しているのですから、アイドリング!!!や朝日のファンが不愉快に思うのも当然じゃないでしょうか」(前出・アイドル誌編集者)

 ともあれ、朝日のファンももはや、長谷川が自分たちと同じサイドにいるとは思っていないことだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン