芸能

“決定版”これが有名人「あげまん美女」番付だッ!<女優・タレント編>(1)横綱は北川景子と安倍なつみ

 女優や女性タレントといえば男勝りなイメージが先行しているが、最近はオトコを立てる“あげまん度”の高さこそ人気のバロメーターだとか。知られざる彼女たちの素顔に迫った。

「あげまん」番付の両横綱は、「女優・タレント部屋」所属の北川景子(31)と安倍なつみ(36)だ。

 北川が歌手のDAIGOと結婚したのは2016年1月のこと。それまでヒット曲に恵まれず伸び悩んでいたDAIGOは、北川との交際・結婚を機にゴールデンの番組に引っ張りだことなった。芸能ジャーナリストの松本佳子氏は、北川のあげまんぶりをこう称賛する。

「北川さんとの結婚はDAIGOさんにとって本当にプラスになったと思います。バラエティー番組などで夫婦生活の話題を小出しに提供している点も視聴者からの高評価につながっています。北川さんクラスの売れっ子女優になると、夫が自分たちの私生活をオープンにするのを嫌がるものなのですが、DAIGOさんはイベントなどでも報道陣におもしろく話してくれるので親近感が増しますよね」

 DAIGOのほうも年下の美人な妻にメロメロのようだ。北川が写真集を発売した際には、仕事現場でも持ち歩き、親しいスタッフに宣伝していたという。

「例えば、北川さんが映画の撮影で地方に出かけた時もDAIGOさんが駆けつけ、ファンの人たちに交じって普通に撮影を見守ることがあるといいます。撮影終了後は、共演者やスタッフと一緒に夫婦そろって酒席に参加。誰とでも気さくに話すので、現場での評判もいいようです。北川さんと交際前のDAIGOさんはけっこう遊び歩いていたのですが、結婚後にはそういった話はまったく聞こえてきません。そうさせている北川さんは大したものだと思います。今後の注目はお子さんの誕生ですね。子供が産まれれば、よきパパ、よきママのキャラクターで、さらなるブレイクにつながるでしょう」(松本氏)

 一方、芸能評論家の佐々木博之氏が「彼女こそあげまんの象徴」と推奨するのが安倍。15年12月に俳優の山崎育三郎と結婚。夫の山崎はミュージカル界の貴公子と言われカリスマ的存在だったが、15年に放送されたドラマ「下町ロケット」を機に、今やテレビドラマに引く手あまただ。

「『下町ロケット』でのブレイクで結婚に踏み切った2人ですが、正直言って山崎の一般的知名度はそれほどでもなかった。当時、ミュージカルからテレビドラマに軸足を移そうと考えていた山崎のため、安倍もかなり尽力していた。結婚のタイミングもテレビでブレイクしてからと決め、安倍が表に出ることを控えて待ったそうです」(佐々木氏)

 前出・松本氏も安倍の横綱には異論なしだと言う。

「山崎さんは、昨年ラジオのレギュラー番組を持ち、今年からはフジテレビでMCを務める番組も始まりました。安倍さんは交際中から、自分の名前を使って山崎さんの名前を世の中に出すという“営業活動”を地道に続けてきました。テレビやラジオの関係者に会うと『夫をよろしくお願いします』と丁寧に挨拶をしているといいますね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”