芸能

2018年春「刑事ドラマ美女」の私生活を強制捜査(1)鈴木京香と波瑠は美肌競演で…

 手錠、拳銃、警察手帳‥‥。「刑事」と書いて「デカ」と読む職業に子供の時分に憧れた諸兄も多かろう。気づけば4月のテレビ欄にはなんと、女刑事が芳香を放つドラマがズラリと勢ぞろい。新作ドラマ5本のヒロインの見せ場と私生活をのぞき見すると‥‥。

 まずは、肉体派と頭脳派の刑事がコンビを組んで難事件の捜査に当たる「未解決の女警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)から。テレビ誌記者が説明する。

「負傷して文書捜査の部署に異動となった武闘派刑事を演じるのが波瑠(26)、その上司を鈴木京香(49)が演じています。今作が初共演の2人ですが、どちらも元朝ドラヒロインということで話題を呼びそう。どちらかといえば、華奢な波瑠に対して肉感的な京香ではありますが‥‥」

 これに賛同するのは、芸能評論家の織田祐二氏だ。

「先日の深夜バラエティー『鶴瓶のスジナシ!』(TBS系)で、京香が即興劇の最後に両腕を胸の下でキュッと組んだ時、熟した胸の膨らみがシルクのドレスにこんもりと浮かび上がっていました。鶴瓶との即興が微妙な間合いで食い違い、客席からは笑いが起こらない。そこで、最後は彼女の自慢の推定Eカップの魅力に切り替えて見せ場を作るあたり、さすがです」

 これぞ円熟アラフィフ女優のなせる技か。スポーツ紙芸能デスクが彼女の謎の私生活について語る。

「8つ年下の長谷川博己(41)とは一時、母の介護のために別居したと報じられ破局をささやかれましたが、結局は元サヤに納まったようです。ドラマに主演する女優は宣伝のために多くの媒体の取材を受けるのですが、彼女は局の宣伝以外、インタビューをほぼNGにしている。やはり私生活をのぞかれたくないのがホンネのようです」

 一方の波瑠もこれまで浮き名を流すこと数知れず、お相手には坂口健太郎(26)、永山絢斗(29)、玉木宏(38)などと有名どころが並ぶ。

「いずれも短期間で関係を終わらせているのが不思議です。意外にもこだわりが強い一面があり、マネージャーも何人も代わっていますから、クセのある気質なのでしょう。でも、そんなミステリアスな雰囲気が魅力で、彼女をバックアップしようという業界人も多く、飲み歩くこともしばしば。このことが、周囲を勘違いさせることもあるようです」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 捜査官は自分の下半身を「書き換え」るのがお得意!?

「美白では京香が一歩リード。対して波瑠は透き通るような美肌で、2人並ぶと甲乙つけがたい圧倒的な色気に圧倒されます。局側は、この凸凹コンビの結成で女版『相棒』のようなシリーズ化を狙っています。あの『ドクターX』と同じ番組枠だけに、この2人が美肌をチラ見せすれば、視聴率のうなぎ登りも確実でしょう」(前出・テレビ誌記者)

 美肌露出で男性視聴者を大量検挙できるか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史