スポーツ

選抜優勝3回を誇る横浜が「決勝戦での最多得点差」の記録も持っている!

 現在、春の選抜では歴代2位タイの優勝回数3回を誇る横浜(神奈川)。その最初の優勝が1973年の第45回大会である。

 この時の主軸がエース・永川英植(元・ヤクルト)と強打の3番・長崎誠(プロゴルファー)。初戦の小倉商(福岡)戦から劇的な展開が待っていた。2‐2で迎えた延長13回裏に長崎が大会史上初となるサヨナラ満塁本塁打を放ったのだ。この勝利で波に乗った横浜は東邦(愛知)を3‐0、鳴門工(現・鳴門渦潮=徳島)を4‐1で降し、何と初出場で決勝戦へと進出することに。

 迎えた決勝戦の相手は名門・広島商。この大会、快速球で三振の山を築いた作新学院(栃木)の怪物・江川卓(元・読売など)を準決勝で攻略して勝ち上がってきた試合巧者である。この強敵相手に永川が力投し、0‐0のまま延長戦へ突入。10回表に横浜は相手エースの佃正樹(法大ー三菱重工広島)の暴投で先制点を奪ったものの、その裏に追いつかれてしまう。強豪の粘りに新鋭・横浜には嫌なムードが漂ったが、続く11回表に5番・富田毅(リッカー)が勝ち越し2ラン。3‐1で古豪に競り勝ち、初出場初優勝を遂げたのであった。

 初優勝から25年の月日が流れた1998年。第70回大会で横浜は2度目の選抜優勝を果たす。その中心にいたのが“平成の怪物”松坂大輔(中日)だ。この年の横浜は史上5校目となる春夏連覇を達成するのだが、その戦いぶりは春の選抜から圧巻だった。初戦の報徳学園(兵庫)戦を6‐2で快勝すると続く東福岡戦は3‐0の完封勝利。東福岡はのちにプロ野球で打者に転向し、2年連続で本塁打王を獲得する村田修一(栃木)がエースとして君臨していたが、松坂はこの村田から6回裏に自ら先制タイムリーを放っている。投げても松坂は13奪三振。許したヒットはわずか2安打のみだった。準々決勝の郡山(奈良)戦も被安打5の連続完封劇で4‐0の快勝。堂々のベスト4進出である。

 迎えた準決勝。相手はこの大会での勇退を発表していた名将・中村順司監督率いるPL学園(大阪)。試合は6回裏に松坂が2点タイムリーを喫し、横浜はこの大会、初めてリードを許す展開に。だが、8回表に横浜打線が反撃し、エラー絡みながら同点とすると続く9回表にスクイズで逆転し、3‐2で勝利。僅差の勝負を制し、決勝戦へと進出したのである。決勝戦は好投手・久保康友(前・横浜DeNA)擁する関大一(大阪)が相手。横浜打線はこの久保から13安打を放ち3得点。投げては松坂が被安打4で3‐0の完封劇。2度目の選抜Vを飾ったのである。

 3度目の優勝は2006年第78回大会。主将の福田永将(中日)を中心とした打線が活発で5試合で何と54得点。決勝戦では初出場の清峰(長崎)を21‐0で粉砕。なお、この時の得点差21は現在でも春の選抜の決勝戦での最大得点差となっている。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!