スポーツ

美人格闘家RENAが告白した夜の“犯罪スレスレ”スポンサー接待!

 ファイトマネーよりも巨額を動かす、壮絶な場外ファイトが行われていた!?

「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演し、とんでもない酒グセを語ったのは格闘家のRENAだ。 3月31日放送回でのことだが、

「常に愛犬と一緒にいるという話から、MCの有吉弘行に『寂しがり屋なの?』と聞かれると、RENAは『かまってちゃんなので。試合が終わったオフ期間は、1人が嫌なので常に飲む人を誰か探してて、6軒とかハシゴしちゃう』と告白しました。またマネージャーからは、『以前、試合のスポンサーや代理店の偉い人との飲み会で、長時間飲ませまくり偉い人が次から次へと帰っていきヒヤっとした』と暴露されてました」(テレビ誌ライター)

 愛犬家で寂しがり屋…という話から逸脱した、やや物騒なエピソードへとここから転換する。テレビ誌ライターが続ける。

「RENAいわく、『スポンサーになるか、ならないかの話し合いで、“これは試合や!これは潰しにかからなアカン”って思ってしまって、勝負していって1人ずつ倒していった』とか『そこで、“お願いしますね”って言って1人ずつ倒していって、その人は記憶が薄まってるじゃないですか?それを良いことにシメシメと…』と、酔わせて判断力を低下させ、スポンサー契約を勝ち取っていると勝ち誇っています。すると博多大吉が『そのやり方は昏睡強盗と一緒ですよ』と指摘していましたが、事によると問題に発展しかねない手口ですよ。スタジオは爆笑でしたが…」

 ネット上でも「いつか痛い目を見るんじゃね?」「顔が良いからってこれはやりすぎ」「女子格闘技界のエースにはこんな飲み方してほしくない」とRENAの自由すぎる飲み方を咎める意見が目立つ。

「とはいえ社長さんも、美人に接待されてみずから酒が進んでしまい、いい気分で出資したのでしょう。ただ、RENA選手はビジュアル先行ではなく、実力も兼ね備え、日本女子格闘界を牽引していく選手なだけに、テレビの笑い話で済むうちに、飲み方を考え直したほうがいいかも知れないですね」(前出・テレビ誌ライター)

 深酒に自信のある向きは、一度対戦してみたくなった?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点