スポーツ

メッシ“負け試合で途中退席”に「ロナウドとは雲泥の差!」と批判殺到

 リオネル・メッシか、それともクリスティアーノ・ロナウドか…。

 世界最高フットボーラーの座を巡り、長年にわたり議論の的となってきた2人のスーパースターだが、ことキャプテンシーという観点においては後者がリードしているのかもしれない。

 3月28日、ホルヘ・サンパオリ監督率いるアルゼンチン代表は、アウェイで“無敵艦隊”スペイン代表チームとの国際親善試合に臨むと、イスコ・アラルコンのハットトリックやジエゴ・コスタらの活躍により、1-6でまさかの完敗。

 エースのメッシがハムストリングの負傷により欠場したとはいえ、この大敗はアルゼンチンにとって屈辱的なものとなっただろう。

「しかし、スペイン紙MARCAが注目したのは、観客席から試合観戦していたメッシが、最後までそのゲームを見ずに途中退席したことでした。母国の代表チームが完成度の高いスペイン代表に惨敗する姿を見たくなかったのか、ゲーム終了10分前にスタジアム内へと姿を消しています」(スポーツライター)

 ネット上では、メッシのこの振る舞いを2年前に開催されたユーロ2016大会決勝におけるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの姿勢と比較し、「ロナウドは足を引きずりながらチームメイトを鼓舞したのにメッシは試合すら見ないのか」「ロナウドとメッシの中身の差が出たな」「試合に出てなくても一緒に戦う。メッシはこれを理解していない」「メッシには思いやりがないのか?」「彼は仲間の頑張る姿を見るべきだ」などと糾弾。

 ピッチ外から仲間へ檄を飛ばし、12人目の選手として共闘した当時のロナウドと、途中退席したメッシには大きな差があると感じているようだ。

「とはいえ、MARCA紙が記事内で指摘するように、メッシが退席したのは一足早くドレッシングルームへと向かい、奮闘を終えた選手らを出迎えるためだったのではないかとも考えられますが…」(前出・スポーツライター)

 いずれにしても、このような些細な一挙手一投足がすぐさまライバルとの比較論にまで発展してしまうのはスーパースターの宿命と言えるかもしれない。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?