スポーツ

メッシ“負け試合で途中退席”に「ロナウドとは雲泥の差!」と批判殺到

 リオネル・メッシか、それともクリスティアーノ・ロナウドか…。

 世界最高フットボーラーの座を巡り、長年にわたり議論の的となってきた2人のスーパースターだが、ことキャプテンシーという観点においては後者がリードしているのかもしれない。

 3月28日、ホルヘ・サンパオリ監督率いるアルゼンチン代表は、アウェイで“無敵艦隊”スペイン代表チームとの国際親善試合に臨むと、イスコ・アラルコンのハットトリックやジエゴ・コスタらの活躍により、1-6でまさかの完敗。

 エースのメッシがハムストリングの負傷により欠場したとはいえ、この大敗はアルゼンチンにとって屈辱的なものとなっただろう。

「しかし、スペイン紙MARCAが注目したのは、観客席から試合観戦していたメッシが、最後までそのゲームを見ずに途中退席したことでした。母国の代表チームが完成度の高いスペイン代表に惨敗する姿を見たくなかったのか、ゲーム終了10分前にスタジアム内へと姿を消しています」(スポーツライター)

 ネット上では、メッシのこの振る舞いを2年前に開催されたユーロ2016大会決勝におけるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの姿勢と比較し、「ロナウドは足を引きずりながらチームメイトを鼓舞したのにメッシは試合すら見ないのか」「ロナウドとメッシの中身の差が出たな」「試合に出てなくても一緒に戦う。メッシはこれを理解していない」「メッシには思いやりがないのか?」「彼は仲間の頑張る姿を見るべきだ」などと糾弾。

 ピッチ外から仲間へ檄を飛ばし、12人目の選手として共闘した当時のロナウドと、途中退席したメッシには大きな差があると感じているようだ。

「とはいえ、MARCA紙が記事内で指摘するように、メッシが退席したのは一足早くドレッシングルームへと向かい、奮闘を終えた選手らを出迎えるためだったのではないかとも考えられますが…」(前出・スポーツライター)

 いずれにしても、このような些細な一挙手一投足がすぐさまライバルとの比較論にまで発展してしまうのはスーパースターの宿命と言えるかもしれない。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!