スポーツ

五輪凱旋スケート公演に出演「羽生結弦ゆかりの人々」の意外な顔ぶれ!

 4月13日から3日間、東京・調布市の武蔵野の森スポーツプラザで行われる羽生結弦選手の平昌五輪・凱旋公演「Continues~with Wings~」。イベント名を考えたのが羽生選手なら、出演者も羽生選手が自身のつながりをもとに人選したという。

「このキャスティングが、明らかに普通のショーとは違う趣です。普通なら現役の華やかなトップ選手を並べるものですが、今回は、まさに羽生選手を育て、影響を与えてきた人物が中心になっています。これまでのスケート人生を支えてくれたファンや関係者に感謝を捧げるというのがイベントのテーマですから、いかにも“羽生選手ゆかり”といえる顔ぶれが並ぶことになるのです」(スポーツライター)

 出演予定は、エフゲニー・プルシェンコ選手、現在は振付師として活躍するジェフリー・バトル氏にシェイ=リーン・ボーン氏、ジョニー・ウィアー氏、川口悠子氏&アレクサンドル・スミルノフ氏、解説者の佐野稔氏、3月に引退を発表した無良崇人氏など、そうそうたる顔ぶれだ。

「実に羽生選手と関係が深い人たちばかりです。長年にわたって羽生選手の振り付けを担当しているジェフリー・バトル氏とシェイ=リーン・ボーン氏、全米選手権3連覇の経歴を持ち、現在は羽生選手の衣装もデザインしているジョニー・ウィアー氏。さらに川口氏とアレクサンドル・スミルノフ氏、佐野氏、無良氏は、実は羽生選手を子どもの頃から育ててきた都築章一郎氏の愛弟子つながりです」(前出・スポーツライター)

 つまり、羽生選手の今日を作る夢の元となった子供時代のあこがれ、過去と今を支える人々というつながりなのだ。もちろん、当日のトークで彼らとの大切な物語が明かされるであろうし、さらなるサプライズゲストがあるのかもしれない。どんなイベントになるのか楽しみだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬