芸能

内田理央、「本番中に白目をむいて居眠り」疑惑まで噴出する疲労の原因とは

 内田理央の疲労度「MAX」だという。今年に入って仕事が多忙を極めているのだ。

 例えば、去る3月29日、ダチョウ倶楽部とイベントで初共演。「スリムビューティハウス」の新イメージモデル就任の発表会には、異色の顔合わせに大駆けつけた報道陣に内田は「昔から知っていて歴史もある会社なので、まさか自分が?とビックリしました。うれしいです」と上機嫌で、盛り上げ役のダチョウの3人に「小さい頃からテレビで見ていたので、夢のよう」と大興奮して熱々おでんを上島竜兵に食べさせるおでんネタにも積極的に参加していた。また、1月クールの月9ドラマ「海月姫」(フジテレビ系)にレギュラー出演し、三国志おたくをリアルに熱演。4月21日スタートの連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)では、主人公・田中圭の幼なじみ役に抜擢され、3月末にクランクイン後、連日の収録をこなしている。

「この忙しさは所属事務所の方針のためかもしれませんね。内田の所属事務所はかつて、『のん』や清水富美加が所属しており、2人が辞める際にすったもんだのひと悶着を起こし、抜けた穴のシワ寄せは新垣結衣が長らく引き受ける形となっていました。今度はポスト新垣として、内田が選ばれ、バンバン仕事を入れられているわけです。『海月姫』では、ファッションショーの最中に過労でぶっ倒れる設定でしたが、地でいくかもしれないと囁かれていたんですよ」(芸能ライター)

 そんな寝る間もないほど多忙な内田には、うっかり居眠りした?と疑惑をもたれた騒ぎもつい最近あった。指摘されたのは、ラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)の3月19日放送回。月曜レギュラーの内田が共演者の鈴木拓が話している間、白目を剥いて居眠りしていたというのだ。

「翌週の26日放送回で、鈴木が口火を切ったんです。共演者のよゐこの濱口優によれば、『内田が完璧に寝てたのを全員が目撃してた』というんです。実際は同じく共演のよゐこの有野晋哉が主張したように、ほおづえをつきながら聴いていたので、白目うんぬんは濱口が話を盛ったのだけなのかもしれません。ただ、有野は『おもしろい話なのに、そんなに退屈かな?』と思ったそうです。内田は何度も『寝てない!』と否定してました。鈴木に番組放送前、眠気覚ましのコーヒーを飲むようにイヤミを言われてましたよ」(前出・芸能ライター)

 内田の事務所では10年ぶりにタレントオーディションを開催する。会社あげての一大イベントだ。有望な新人を獲得できれば、当然社をあげて大売り出しをかけることになる。ポッと出の新人に取って代わられることもありえ、居眠りなどしている暇はない。ここが踏ん張りどころだろう。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス