スポーツ

メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは

 平昌五輪で2個の金メダルに輝いた女子スピードスケートの高木菜那が、4月14日のプロ野球「巨人vs広島」にて始球式を務めた。高木はセットポジションから華麗な投球フォームでノーバン投球を見せ、東京ドームを沸かせた。始球式を終えた高木は「あんなに練習したのに、一発本番は難しいんだな」と語りつつ、「自分が活躍して戻って来られるようにしたいです」とスケートでのさらなる活躍を誓っていた。

 その姿には野球ファンからも「菜那ちゃん可愛い!」「投球が速かった!」などと好意的な声が多く飛んでいたが、その始球式シーンに対して「これはメジャーリーグでは有り得ない!」と驚く声もあったという。アメリカのスポーツ事情に詳しいスポーツライターが語る。

「高木は緑色のユニフォームを着用。これは彼女が所属する日本電産サンキョーのロゴにも使われている同社のCIカラーですね。そして胸には主催チームの『GIANTS』、そして『日本電産』の社名が大きく印字されていました。日本人の感覚では巨人に敬意を示しつつ、所属企業もアピールしたものとして違和感はないのですが、メジャーリーグではこのユニフォームを着ることは考えられません。なぜならアメリカのプロスポーツでは公式スポンサーから得られる契約金が大きな収入源となっており、スポンサー以外の企業名をでかでかとユニフォームに書くことなど許されないからです」

 もちろん日本とアメリカではプロスポーツの契約事情は異なるが、それにしても今回の高木のユニフォームは特別版だったという。

「高木は3月30日にも札幌ドームで行われた日本ハムvs西武の始球式に登板。この時は上半身は日本ハムのユニフォームを着用し、ボトムとキャップに日本電産サンキョーのロゴを入れていました。それが今回の巨人戦ではわざわざオリジナルのユニフォームを作ってきたのですから、アピール度はより高かったはず。所属先の日本電産サンキョーもホクホクだったでしょうね」(前出・スポーツライター)

 次の始球式ではどんなユニフォームを着てくれるのか。そんな予想ができるのも、メジャーリーグ流の制限がない日本プロ野球ならではの楽しみだと言えそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性