スポーツ

大谷翔平「ビックリ奴隷契約」と「禁欲」生活(1)史上最大のバーゲンセール

「ショーヘイ・オータニはこの惑星の生まれではない」と、米メディアは宇宙人レベルの大活躍ぶりを称賛。開幕10戦で2勝3本塁打と、早くも「二刀流」の成功を約束する「SHO-TIME」に全米が熱狂している。ところが、スーパースターはこの先も「超お買い得マイナー契約」にがんじがらめとなるようだ。

 4月9日、対アスレチックス戦で毎回連続の12奪三振、7回一死まで完全試合の快投を演じたエンゼルス・大谷翔平(23)は、米メディアからこぞって称賛の嵐で迎えられた。開幕10戦で、投手としてはこの“準完全試合”を含む2勝、打者としても3試合連続ホームランなどの大活躍で日本人メジャー選手最速となる週間MVPを獲得している。

 もっとも、開幕前は米メディアの大谷評も「高校生レベルの打撃」「マイナーからスタートすべき」といった辛辣な論調が多く、とんだ風見鶏ぶりだ。現地で取材するジャーナリストが語る。

「開幕前に『二刀流など通用するわけがない』と酷評していた記者が『翔平さん、ごめんなさい。私が完全に間違えていました』と異例の謝罪記事を掲載したほどです」

 まだ始まったばかりとはいえ、大争奪戦を制して大谷を獲得したエンゼルスは笑いが止まらないだろう。

 そもそも「カネよりも夢を選んだ」と称賛された大谷だが、25歳以下でのポスティング入団は「マイナー契約」スタートで、球団は若きスターに最低保証額しか支払わなくて済むのだ。

「かねてからメジャー挑戦を熱望していた大谷を意識したのか、昨冬から導入されたこの“大谷ルール”により、今季の大谷はたとえメジャーで大活躍しても、昨年の推定年俸2億7000万円を大きく下回る最低保証額54万5000ドル(約6000万円)しか得られません。エンゼルスはルール上、6年間は条件のいい金額で保有権を持つことができる。この契約が決また時から現地では、どれだけ働いても金額が変わらず、ケガをしてもマイナーに放置する余裕がある“奴隷契約”と陰口を叩かれていた。あと2年待って25歳になってからメジャーに挑戦すれば最大で『総額2700万ドル(約30億円)』契約と言われていたのにですよ」(前出・現地ジャーナリスト)

 この“奴隷契約”について、米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏が説明する。

「現地で『史上最大のバーゲンセール』と報じられたように、この契約により大谷は3年目までは最低保証額でプレーすることになります。これは、MVPやサイ・ヤング賞を獲っても変わることはない。ちなみに、サイ・ヤング賞を3度受賞しているドジャースのクレイトン・カーショー(30)も、かつて最低年俸でプレーしている。4年目からは年俸調停権を得られますが、FAほど金額は跳ね上がりません。例えば4年目で700万ドル(約7億円)、5年目で1500万ドル(約16億円)、6年目で2000万ドル(約22億円)と徐々に上がる仕組みです。ようやくFA権を行使して本来の評価どおりに複数年200億円クラスの契約を勝ち取るためには7年目まで待たなければなりません」

 14年に7年161億円でヤンキース入りしたマー君と比較するまでもないたかが知れた金額で、大谷は全米を熱狂。それでも、アメリカンドリームをつかみ取る前に、故障などで選手生命を終わらせかねない保障は何一つないのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」