エンタメ

“老活のススメ”スペシャル対談「弘兼憲史×加藤一二三」(4)人生の楽しみはこれから!?

弘兼 加藤九段は14歳から77歳まで現役で活躍されました。例えば、70歳を過ぎてから、自身の老いを意識したことはありませんでしたか。

加藤 ありませんね。

弘兼 盤面を「読む」力も変わらない?

加藤 まったく。

弘兼 すごい。体力的にはどうですか。

加藤 どれだけ長い試合でも疲労困憊したことはないです。私の場合、体力や気力の限界で引退したわけではありません。将棋界の「制度」でいられなくなっただけですので、それがなければずっと戦い続けていたでしょう。

弘兼 確か、棋士で最年長でしたよね。

加藤 最高齢対局と最高齢勝利記録を持っています。

弘兼 そこまで元気でいられる秘訣はどこにあるのでしょうか。ちなみに、お酒やたばこは。

加藤 たばこは吸いませんし、お酒はたしなむ程度ですね。いろんな理由があるとは思いますが、まず信仰を持っていることは大きいと思います。どれだけ忙しくても1週間に1回はミサに行っています。

弘兼 なるほど。

加藤 あとは食事を3食しっかり取り、睡眠も取り、無理はしないことです。性格が前向きなこともよいのかもしれませんね。

弘兼 プラス思考ですね。

加藤 プロになってから、試合の前日に負けると思ったことは一度もありませんし、負けても自分が弱いからだとは思ったことはありません。

弘兼 常に「勝つ」ことを意識する、ということでしょうか。

加藤 そうです。トンネルの先には必ず明るい光が見えてくる、と確信しています。弘兼さんは、引退を考えたことはありませんか?

弘兼 私もないですね。出版社に「やめろ」と言われないかぎり、描き続けるつもりです。ただ、最近は目が弱くなってきて、1時間描いたら10分間休み、また1時間描くというようにしないと焦点が合わなくなりましたけどね(笑)。願わくは、藤子・F・不二雄先生のように、仕事机に突っ伏したまま死ぬことができればいいんですが。

加藤 なるほど、いい死に方ですね。

弘兼 棋士を引退されて以後、生活はガラリと変わったと思います。実際のところ、いかがですか。

加藤 楽しいですよ。

弘兼 今までとは違う仕事ですし、戸惑うこともありそうですが。

加藤 そもそも私は若い頃からテレビや絵画もたくさん観ているし、本や旅、音楽に歴史と、大好きなことがたくさんあるんです。苦手な数学と化学以外なら、何にでも対応できます。中でも私がいちばん得意なのは、歌ですね。

弘兼 ああ、昨年、歌も出されましたね。

加藤 古坂大魔王さんのプロデュースで「ひふみんアイ」という歌を出しました。これで紅白に出るつもりでしたが、歌ではかなわず、審査員で出ることになりましたが(笑)。

弘兼 いやいや、すごい活躍ですよ。

加藤 テレビの企画では指揮もしました。小学校1年生の時に指揮をした話をしたら、将棋の天才がベートーヴェンの曲をどのように振るか興味があると言われまして、ベートーヴェンの「運命」を3分間バージョンで指揮したんですよ。

弘兼 そうなんですか。

加藤 その後、「オペラはどうですか?」ということで、テレビの前で歌って、それも大成功でした。ヴェルディのオペラ「リゴレット」で歌われる「女心の歌」。あれは名曲ですよ。

弘兼 ああ、私も大好きな曲です。しかし、本当にいろいろ挑戦されているんですね。引退どころか、「人生のお楽しみはこれからだ」という感じですね。

加藤 はい。本の出版にも興味があって、詰将棋の本を書いてみたいんですよ。

弘兼 まだまだ好奇心旺盛ですね、本当に驚かされました。7年先輩の加藤九段がここまで元気なら、負けていられませんね。私も、うなぎを食べて頑張らないと(笑)。

■弘兼憲史(ひろかね・けんし)1947年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒。松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、74年に漫画家としてデビュー。現在、「島耕作シリーズ」や「黄昏流星群」を連載するほか、作家、ラジオのパーソナリティーとしても活躍中。「新老人のススメ」(小社刊)など著書多数。

■加藤一二三(かとう・ひふみ)棋士九段。1940年、福岡県出身。早稲田大学中退。第40期名人。仙台白百合女子大学客員教授。54年、当時の最年少記録となる14歳7カ月で史上初のプロ棋士となる。17年6月の引退まで、62年10カ月にわたりプロ棋士として活躍。00年紫綬褒章を受章。通算成績は2505戦1324勝1180敗1持将棋。現役引退時点で勝利数は歴代3位、対局数と敗戦数は歴代1位。近年は「ひふみん」の愛称でバラエティー番組など多くのメディアに出演。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」