芸能

鈴木奈々×滝沢カレン「“おバカ枠”ポジションに火花バチバチ」

 上地雄輔(39)が三文字熟語を「さじしん」と読み間違えたことで生まれたユニット「羞恥心」のデビューから10年。バラエティーの「おバカ枠」を巡って、羞恥心ゼロの人気タレントがハーフ美女とバチバチの火花を散らしていた。

 明るくてポジティブなキャラで老若男女の支持を集める鈴木奈々(29)。

 半年に一度のクイズ特番「オールスター感謝祭」(TBS系)では、ローションでヌルヌルになった階段を駆け上がり、オマタを開いて滑り落ちるという「開脚芸」がおなじみとなった。

 さらに、3月30日配信の「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)では、

「胸のマッサージに行ったりして、2カップぐらいアップした。今はAカップからCカップ」

 と、みずからの巨乳化をカミングアウト。下ネタも辞さない天然キャラの鈴木だが、意外な「タブー」が存在するという。芸能プロ関係者が明かす。

「事務所の方針で、滝沢カレン(25)とは共演させないようです。理由は『キャラがかぶるため』。2人とも本業はモデルで、おバカなキャラを売りにしていますが、最近の注目度では滝沢が上。もし共演したら、完全に食われてしまいます」

 滝沢といえばウクライナ人の父を持つハーフタレントで、日本育ちでありながら日本語が大の苦手。昨年放送のバラエティーでは、90年代に大流行したパズルゲーム「テトリス」について、

「棒状の棒を集めて‥‥」

 と独特すぎる表現を披露して、共演者の明石家さんま(62)を大爆笑させた。

 二人の天然キャラについて、鈴木を「庶民的田舎者おバカ」、滝沢を「天才と紙一重的おバカ」と仕分けるのは織田祐二氏だ。続けて、両者のテレビ出演時間を分析するには、

「一時は月に60時間以上出演していた鈴木ですが、このところは20時間程度で、やや飽きられてきた印象も。対する滝沢は今年に入って月30時間以上をキープし、テレビ露出は今後ますます増えそうな勢いです」

 人気急上昇中の滝沢を鈴木が避けるのは、こんな“大人の事情”もあるようで‥‥。

「鈴木はズケズケものを言うタイプで、ライバル関係にある滝沢に何を言うかわからない。滝沢は売れっ子を多く抱える大手事務所に在籍し、もし彼女を怒らせたらどんな圧力にさらされることか‥‥。鈴木の所属事務所は規模も小さく、稼ぎ頭の鈴木がコケたら大ピンチ。危なっかしくて見ていられませんよ」(芸能プロ関係者)

 実際、これまでの二人の仕事をチェックしたところ、全国放送での共演歴は確認できなかった。両者の相いれない関係は今後も続きそうで、

「割のいいCMの仕事をバンバン入れたい滝沢サイドとしては、おバカキャラはまだ許せても下ネタだけは厳禁。鈴木との共演についても『あんな下品なのと一緒にされたくない』と、同じポジションで画面に映るのを敬遠しているんです」(芸能プロ関係者)

“美女二人を隔てる”バカの壁は予想以上に厚かった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”