芸能

三村マサカズ、性的ハラ問題を断罪もネット上は「ブーメラン映像」だらけ!

 さまぁ~ずの三村マサカズが、現在多くのメディアで議論される“性的ハラスメント騒動”について言及したものの、さすがに「お前が言うな!」と野次を浴びせられる結果となった。

 三村は4月23日にツイッターを更新し、ハラスメント問題について〈触れられないぐらい過熱しています。女性が嫌な思いをしています。でもパワハラが大部分入っている案件な気がします。全てに笑いが入ってない。そこにも問題点が。。。パワハラは、最悪です。。。パセハラにしますか。そろそろ〉と言及。

「女性を苦しめる性的ハラスメントやパワハラの横行を“最悪”と断罪したものの、かつて自身が『さまぁ~ずのご自慢列島ジマング』(フジテレビ系)という冠番組で、当時、同じ事務所所属の“後輩”にあたるタレントの谷澤恵里香の胸を『唐突に揉む』という、まさに“パセハラ”を強行しましたからね。とはいえ、谷澤も本気で嫌がっているようでもなかったので大きな問題にはなりませんでしたが“番組的にウケた”“オイシかった”から良かったという『同調圧力』によって女性が性的弱者のような扱いを受けていること自体が、今なら大問題に発展しかねないシーンでした」(テレビ誌ライター)

 問題のシーンは、ネット上にいまだ残っていることもあり、多くの人が目にしているため、三村に対しても、「YouTube見てください。あなたのハラスメントシーンが盛りだくさんです」「ハラスメントおじさんの代表みたいなもんだろ」「さすがに三村がハラスメント語るとかあり得ない」「大江麻理子に謝って」「あなたの共演者が嫌な思いをしています」といった内容の野次が飛んだ。

「三村のツイートがここまでネット上で反感を浴びてしまうのも無理はないでしょう。谷澤の他にも、やはり事務所の後輩の小島瑠璃子や『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)で共演した大江麻理子アナら、番組での“お笑い”の名のもとに性的ハラスメントを受けたタレントを挙げればキリがないですからね。『すべてに笑いが入っていないことも問題』などと主張していますが、性的ハラスメントやパワハラでイヤな思いをしている被害者にとって、笑いのある無しは関係ありません。この指摘が共鳴を得るのは難しそうですね」(前出・テレビ誌ライター)

 性的ハラスメントの境界線や限度については各番組でも議論され続けており、そこに明確な答えが存在しないのも事実。男女間でのやり取りや言葉の応酬は今後ますますデリケートな問題へと発展していきそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
2
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
真木よう子、「Gバストが白シャツを突き破りそう!」なコスプレ姿「健在破壊力」