芸能

二宮和也の“人望のなさ”を印象づけたバラエティ番組「飲み会企画」一部始終!

 日頃からお誘いを断らなければ、こんな目には遭わなかった?

 4月19日放送のバラエティー番組「櫻井・有吉THE夜会」(TBSテレビ系)に、嵐の二宮和也がゲスト出演した。落語家・立川談春とサシ飲みし、顔の広い談春に電話をかけさせて友人を呼びつけ、超豪華な飲み会にして盛り上がろうという企画だった。

「二宮は芸能界きってのゲーマーで、仕事のない時は日がな一日、自宅でゲーム三昧で、食事も3食出前で済ませるほど徹底しています。付き合いが悪いうえに、後輩にさえおごってもらう無類のケチぶりで知られているから、友人も少ない。昨秋、二宮の携帯電話に登録されたのが、かかりつけの歯医者やマネジャー込みで63件と話していたから、二宮が電話をかけて呼び出すのは無理がある。で、談春の登場となったようです」(テレビ誌記者)

 だが、談春はいまいち企画内容が把握できていなかった様子。テレビ映えしないタレントばかり電話をかけてしまう。最初にかけたのが、リリー・フランキー、その後、斉藤和義、蛭子能収とおじさんばかりが続いた。

「友人を呼びつける日時が、夜7時、品川駅徒歩5分の隠れ家レストラン集合という設定だったのですが、それならテレビ映えしそうな有名芸能人がいくらでも駆けつけるはず。だいいち、女っ気がなさすぎる。ジャニタレ二宮に忖度して、あえて女をはずしたのかもしれませんが、話題豊富なベテランに来てもらって盛り上げるつもりが、すべて裏目に出たようですね」(女性誌記者)

 ならばと、二宮とドラマ共演中のイケメン俳優、竹内涼真に電話すると、終日CM撮影中でNG。結局駆けつけたのは、リリーと落語家・春風亭昇太だけ。リリーは「近所だった」からだというし、昇太は「ただ酒飲みたかった」というから、笑えない。

「あんまり空振り続きなので、二宮も後輩2人(中丸雄一と山田涼介)に直電したが、仕事を理由に断られた。山田に至っては『絶対大丈夫』と自身満々だったが、明らかに迷惑そうな塩対応だった。二宮、やっぱり人望ないんだなと思いましたね」(芸能ライター)

 お誘いの電話を毛嫌いするあまり、電話番号を教えないのがモットーの二宮。自業自得な企画だったようだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由