芸能

石橋貴明、新番組が大苦戦の裏にやっぱりほの見えるフジの「バブルノリ」!

 とんねるずは今年3月に20年以上の歴史を誇るレギュラー長寿番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が打ち切りとなって以降、テレビ番組のみならず、ラジオ番組などでも、何かと出演が増えている。

 木梨憲武は画家転向が一部で報じられるなど、マイペースにやりたいことをやる、といった感じだが、石橋貴明のほうは本業はこれからも、タレントでいくようだ。ところが、石橋が一人で出演する今年4月に同局系でスタートした「石橋貴明のたいむとんねる」が視聴率で大苦戦して業界内で、話題になっているという。

「『たいむとんねる』は初回の平均視聴率が3.9%、第2回が2.9%とひどい有様ですからね。番組のコンセプトは『大人のノスタルジーを刺激するトーク番組』ということなんですが、“ノスタルジー”と言えば聞こえはいいけど、結局は『昔は良かった』的な内容の番組ですからね。フジはいわゆるテレビ黄金時代から変わらないバブルノリが今の視聴者から疎まれているのに、相も変わらずといった印象です」(他の民放テレビ局の編成スタッフ)

 近年は低視聴率にあえいでいた「みなおか」だが、番組の打ち切りに関しては寂しさを感じる視聴者も多く、「とんねるず」に対しては多少の追い風も吹きそうな気配もあったが…。新たにスタートした冠番組の苦戦で、さらなる窮地に立たされている石橋が、今後、人気復活を果たすことはできるのだろうか。

(しおさわ かつつね)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり