社会

スーパーマーケット「死の食品」全調査(3)心筋梗塞を引き起こす成分

 実はこのニオイには秘密がある、と河岸氏が解説する。

「私たちがふだん食べているのは、生まれてから180日前後の豚の肉です。この豚の『母親の豚』『父親の豚』のことを業界では『大貫豚』と呼び、これが挽き肉用として使われています。この肉は硬くて獣臭く、普通に食べるとおいしくない」

 それもそのはず、通常は小売店には出回らない、いや、出せないレベルのものだからだ。

「ただ、肉の色が濃いため、きれいに見えるという理由から、使われることが少なくありません。外注の工場でパック詰めした挽き肉で値段が相場より安い場合は、その可能性が高いと見ていいでしょう」(河岸氏)

 案の定、色ツヤがいい「疑惑の挽き肉」を選んでカゴに入れ、ハムに手を伸ばす記者。そういえば食品添加物には発ガン性があるものも‥‥と念のため裏面の表示を見ると「原材料名」として、豚ロース肉、還元水あめ、大豆たん白、食塩、卵たん白などと書いてある。なぜハムに大豆や卵のタンパクなどが入っているのか。

「ロースハムというのは本来、豚のロースだけを使用したハムのこと。だから原材料として豚ロース肉だけを使っていなければ、ロースハムとは名乗れない。ところがハムメーカーの多くがさまざまな混ぜ物を加えて内容量を2~3倍にかさ増ししていて、極端な話、100グラムの豚肉から150グラムのマズいロースハムができているんです」

 小若氏が追撃する。

「豚肉に塩とコショウなどの香辛料をすり込むのが古典的なハム製法。手間暇かけて加工するから、ハムの値段は高かった。ところが、インジェクションという手法によって、日本は増量ハムを作り、格安で販売するようになりました。さまざまな混ぜ物を使って最大2.2倍まで増量しているというから驚きです」

 インジェクションとは肉に剣山のような100本以上の注射針(インジェクター)を刺して、牛脂を人工注入するもの。

 問題はかさ増しだけにとどまらない。混ぜ物には大きな危険が潜んでいるのだ。

「その代表格が、大豆や卵白、乳などの異種タンパクや脂肪、油といった原材料。ところが大豆、卵白、乳‥‥これは全てアレルゲンなので、アレルギーを持っている人が口にした場合、命に関わる危険性がある。それが最大の問題です」(河岸氏)

 さらにロースハムには、肉と肉の結着性を高めて食感をよくするために、添加物である「リン酸塩」を使用するが、これについて食品評論家の小薮浩二郎氏は、次のように警鐘を鳴らす。

「リン酸塩を過剰摂取すると、子供から大人まで骨がもろくなります。特に高齢者の場合、骨粗鬆症の原因になるため、注意が必要です。リン酸塩の過剰摂取はマグネシウムの吸収も抑制するため、神経過敏や集中力低下を招きます。さらに恐ろしいのは、心筋梗塞を引き起こし、死を招くケースもあることです」

 リン酸塩はそもそも多くの食品に含まれているため、添加物でさらに摂取すると過剰摂取となる。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”