芸能

「モンクリ」稲森いずみ、弱い女⇒強い母“鬼気迫る豹変”に激賞の声!

 5月24日放送の「モンテ・クリスト伯」(フジテレビ系)第6話での稲森いずみの演技に賞賛の嵐が起きている。

 この回で稲森扮する専業主婦・神楽留美は、身も心も捧げ惚れている葉山奨之演じる安堂が、実は自分が不貞の末に産み落とした実の息子だとディーン・フジオカ演じるモンテ・クリスト・真海から知らされる。さらに安堂が自分をかばって傷害事件を起こしてしまうと、殺人事件と勘違いした留美は安堂と2人でその人物を埋めて逃げるという暴挙に出るのだ。

「稲森は新井浩文演じる神楽清の妻ですが、夫から愛されていない寂しさから若い男性とのアバンチュールで心の隙間を埋めており、5月3日放送の第3話で見せた3Pシーンは『艶系ビデオよりも生々しい』と評判になっていました。ところが、5月10日の第4話で安堂と出会ってからは安堂にベタ惚れ。安堂に貢ぐために夫のお金に手を出し、それがバレて殴られたこともありました。ところが今回の第6話では、真海から安堂との親子関係を知らされても動じず、逆に不敵な笑みを浮かべて真海を驚かせ、さらに傷害事件でもみ合ったことから“お岩さん”のように顔半分を紫色に腫らした姿で夫を脅し、実の息子のためにお金を用立てさせるシーンは圧巻でした。ネット上では放送中から『稲森が1話の間にヨワヨワな女から強い母親に変身した』『稲森マジ怖い! トリハダ!』『稲森の演技ハンパない』『これまででいちばん盛り上がった神回』など“稲森祭り”になっていたようです」(テレビ誌ライター)

 視聴率こそ低迷しているものの、視聴した者をトリコにしつつある「モンクリ」。留美には、今後も見せ場が用意されているようなので見逃し厳禁、といったところか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声