芸能

「モンクリ」稲森いずみ、弱い女⇒強い母“鬼気迫る豹変”に激賞の声!

 5月24日放送の「モンテ・クリスト伯」(フジテレビ系)第6話での稲森いずみの演技に賞賛の嵐が起きている。

 この回で稲森扮する専業主婦・神楽留美は、身も心も捧げ惚れている葉山奨之演じる安堂が、実は自分が不貞の末に産み落とした実の息子だとディーン・フジオカ演じるモンテ・クリスト・真海から知らされる。さらに安堂が自分をかばって傷害事件を起こしてしまうと、殺人事件と勘違いした留美は安堂と2人でその人物を埋めて逃げるという暴挙に出るのだ。

「稲森は新井浩文演じる神楽清の妻ですが、夫から愛されていない寂しさから若い男性とのアバンチュールで心の隙間を埋めており、5月3日放送の第3話で見せた3Pシーンは『艶系ビデオよりも生々しい』と評判になっていました。ところが、5月10日の第4話で安堂と出会ってからは安堂にベタ惚れ。安堂に貢ぐために夫のお金に手を出し、それがバレて殴られたこともありました。ところが今回の第6話では、真海から安堂との親子関係を知らされても動じず、逆に不敵な笑みを浮かべて真海を驚かせ、さらに傷害事件でもみ合ったことから“お岩さん”のように顔半分を紫色に腫らした姿で夫を脅し、実の息子のためにお金を用立てさせるシーンは圧巻でした。ネット上では放送中から『稲森が1話の間にヨワヨワな女から強い母親に変身した』『稲森マジ怖い! トリハダ!』『稲森の演技ハンパない』『これまででいちばん盛り上がった神回』など“稲森祭り”になっていたようです」(テレビ誌ライター)

 視聴率こそ低迷しているものの、視聴した者をトリコにしつつある「モンクリ」。留美には、今後も見せ場が用意されているようなので見逃し厳禁、といったところか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?