芸能

もはや犯罪!?「水曜日のダウンタウン」の監禁ドッキリに非難ゴウゴウ

 お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」のナダルが新横浜の駅前で正体不明の男たちに捕まり、倉庫街に連行。鍵の掛かった鉄格子の中に監禁された! これは5月30日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)にて放送された検証コーナー「数珠つなぎ企画で1番過酷なのジョジョの鉄塔システム説」の冒頭シーンだ。

 同企画では、自分の身代わりが鉄格子に入ると解放されるという仕組みを用意。ナダルは携帯電話で言葉巧みにジャングルポケットのおたけを呼び出して脱出に成功し、その後は数珠つなぎにパンサーの菅良太郎らが呼び出されては身代わりとして監禁されたのである。中にはサンシャイン池崎のように鉄格子を見ただけで帰ってしまう例もあり、アルコ&ピースの酒井健太は制限時間の24時間を超えてから現れたため、鉄格子に入ることなく謎の男たちに捕らえられ、ロケバスに押し込まれたのである。

「今回の企画には視聴者からも賛否両論が噴出。鉄格子に閉じ込められた芸人が真顔で怯えたり、ガチギレするシーンに『めっちゃおもしろい!』との評価があった一方で、『鉄格子に閉じ込めるのはさすがにやりすぎ』『BPOにチクるべき人権侵害レベル』との批判も殺到しています。中でも冒頭でナダルが連れ去られたシーンについては、もはや犯罪同然との指摘もあるようです」(テレビ誌のライター)

 この手のドッキリ企画では芸人本人にこそ内緒にしているものの、所属事務所は企画の内容を了承しているもの。それゆえ連行や監禁もテレビの企画だとして犯罪行為にはならないわけだが、ここまで悪質なドッキリが流行ると、本当の犯罪を誘発しかねないというのだ。

「連行監禁の現場ではテレビカメラが密着して撮影していますし、芸人が押し込まれるのは緑ナンバーのロケバスですから、第三者が見ても『テレビの撮影だな』とわかる仕組みです。でも悪意のある連中がニセのカメラクルーとマイクロバスを用意して誘拐行為に及んだら、周りの人はどう思うでしょうか?『ああ、バラエティ番組のロケだね』と思って見過ごす可能性も高く、犯罪行為が成功してしまいかねません。ほかにもユーチューブには、繁華街で子供を連れ去るふりをする悪質な動画もアップされています。そんな『犯罪行為のマネごと』をドッキリ企画に仕立て上げるのは、いくらバラエティ番組と言えどもさすがにやりすぎではないでしょうか」(番組制作会社スタッフ)

 今回の「水曜日のダウンタウン」にしても、ナダルの連行現場を見た一般人が「誘拐だ!」と義憤に駆られ、謎の男たちに殴りかかる可能性は否定できないはず。そろそろ「水曜日のダウンタウン」でも企画内容のエスカレートに歯止めをかけるべきなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?