芸能

佐藤仁美、くびれボディを手に入れるも「本人」認識されなかった夜

 TOKIOの松岡昌宏主演の人気ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)5月18日放送第5話にゲスト出演した佐藤仁美。この日は冒頭から松岡演じる家政夫・三田園薫が「イギリスの司祭ウィリアム・ラルフ・イングはこう語っています。オリジナリティとはばれない盗作である」と正面切って話し始め「もしパクリだろと言われたら、信念を持ってこう答えるのです。リスペクトしてオマージュ致しました、と」と言い切ったことから、ネット上では「これだからミタゾノはおもしろい」「確かにそういえば誰もが納得」「このミタゾノも『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)『家政婦のミタ』(日本テレビ系)をリスペクトしてオマージュしてるもんね」などと視聴者の心をつかんだようだ。

「実は佐藤がダイエットで結果にコミットし、くびれボディになってからドラマ出演するのはこれが初めてでした。やせて美しくなった佐藤に対し、ネット上から『佐藤仁美と声が似てると思ったけど本人とは』『やせすぎて違和感』『太ってたほうがキャラ立っててよかったんじゃない?』といった声が多数あがりました。さらに、佐藤演じる木口一美に対して『リバウンドにはお気をつけて』と2度も念を押す場面があったため、ミタゾノファンからは『さすが言いたいことを言ってくれるミタゾノ』『視聴者の声を代弁してくれるミタゾノに拍手』など歓喜の声があったそうです」(テレビ誌ライター)

 リバウンドを注意された佐藤演じる木口は「しません! 絶対に」と断言していたが「ぽっちゃりしていたほうが魅力的だった」という声が少なくないことを、気に留めておいてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”