芸能

これが放送可!?イモト「連続M字開脚&ヒップ叩きつけ」に関心する声が続々

 これが放送できるのがイモトの強みか?

 5月27日に放送の人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で、番組レギュラーのイモトアヤコが体を張ったアートに挑戦し、過去最大級の過激ポーズを見せたことで注目を集めた。同回で放送された「イモトワールドツアーin アメリカ」の中で、イモトは「ヒップスタンプアート」と呼ばれるアメリカで話題のアートに挑戦。その名の通り、ヒップに絵の具を塗り、あらかじめ用意されていた絵の上にそのままヒップをペッタンしてスタンプの代わりにして作り出す独特なアートだが、イモトに手本を見せてくれた美人双子姉妹の、日本円で約11万円で販売している作品は、バカ売れなのだとか。

 イモトもヒップスタンプアートにスクール水着姿で挑戦したのだが、よつんばいになり、絵の具をヒップに塗られる際には、スク水から見えてはいけないモノが見えてしまったのか、可愛らしいイモトの似顔絵スタンプが股間の辺りを隠す編集処理がされていた。

 そして、お尻に絵の具を塗り終わると、イモトはウッチャンナンチャンの内村光良、NEWSの手越祐也、宮川大輔の男性レギュラー陣3人の似顔絵の上に、どんどんとヒップをつきながら、その際、M字開脚のようなポーズをとるわけだが、当然ここでも自ずと視線はイモトの股間に。こちらは編集処理が必要ないと判断されたのか、イモトの股間周辺を隠す処理はなされていなかった。が、一歩間違えれば“具”が見えてしまうのでは? というなかなかド艶なショットであった。スタジオの宮川はイモトが自分の似顔絵の上にヒップをつくと、「何かイヤやな」と本音がこぼしていたが、視聴者にはこれがバカウケ。「イモト、やっぱりすごいな」「イモトはどんな仕事もNGなしに頑張るから、不快じゃないな」「イモトなら許せる」と、好意的な意見が見られている。現にこの日の平均視聴率も19.9%と高視聴率をしっかりマークしている。

「ゲテモノ食いや、珍獣ハンターとして危険動物と共演したり、ありとあらゆるジャンルの仕事をこなし、視聴者に認められたイモトだから許される、ということもありますよね。イモトと同じことを別のグラドルがやったとすれば、ユーモアよりも艶ネタ感が先行してしまい、やはりお茶の間が引いてしまい自然と視聴率が下がったでしょう。イモトがこうした過激ポーズをとることはこれが初めてではありません。ですが、今でもこういったシーンでも視聴率がしっかりキープできているからイモトは別格なんでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 また、ごく一部の層からはイモトの今回のシーンで興奮したという声も見受けられていたため、そういった意味でも結果オーライか?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱