スポーツ

プロ野球「セ・パ交流戦」を盛り上げる「10大遺恨バトル」(4)中日・岩瀬が拒んだ日ハム移籍

 實松、大田とは逆に、日本ハムに対して少なからず遺恨を抱いているのが、中日の谷元圭介(33)。昨年の移籍期限となる7月31日、日本ハムから金銭トレードで中日へ移籍。あまりに急なトレードだったため、本人も「気持ちを整理するのが難しい」と動揺を隠せなかったほどだ。

「日本ハムのドラスティックな経営がよく表れたトレードでした。谷元は、トレード直前の6月に国内FA権を獲得していました。その権利を行使してオフに移籍すれば、移籍先の球団から日本ハムに移籍金が入りますが、中日との金銭トレードで得られる額のほうが多いと判断したようです」(球界関係者)

 その谷元は今季も中継ぎとして勝率10割と活躍(5月24日現在)。古巣との初対戦でどんな投球を見せるか注目される。

 中日と日本ハムの間には岩瀬仁紀(43)を巡る因縁もある。昨オフに捕手の大野奨太がFAで中日に移籍したが、その際、日本ハムが人的補償で獲得に動いたのが中日のプロテクトリストから外れていた岩瀬だったのだが‥‥。

「当の岩瀬が『日ハムだけはイヤだ』と引退まで口にしたため、スッタモンダのあげくに金銭補償で落ち着いた経緯がある。日本ハムにしたらおもしろくないでしょう」(スポーツ紙デスク)

 パ・リーグの首位を走る西武で、古巣・阪神との対戦を心待ちにしているのが今季4勝(5月24日現在)をあげている榎田大樹(31)だ。

「昨季、2軍でいい投球をしていたにもかかわらず、1軍での登板はプロ入り後最少の3試合。西武にトレード移籍して先発ローテーションで使ってもらえ、意気に感じているようです。阪神相手に、見返してやりたい気持ちは強いでしょうね」(スポーツ紙デスク)

 逆に、その西武が攻略に闘志を燃やしているのが巨人の野上亮磨(30)である。

「昨オフ、野上が西武から巨人にFA移籍した際、西武関係者は『10勝すれば9敗する投手。安定した活躍は望めない』と強がっていました。その言葉どおり、今季の野上は(5月24日現在で)4勝3敗。西武としては、直接対決で自分たちの評価をあらためて実証したいところです」(西武担当記者)

 遺恨バトルの火種は移籍選手に限らない。日本ハム生え抜きの中田翔(29)も、対阪神戦に目の色を変えて臨むことになりそうだ。

 昨季取得した国内FA権を巡って、当初、「阪神移籍が既定路線」と言われていた。本人も、親しい関係者には「金本監督のところにお世話になりたい」と漏らしていたというが、相思相愛と思われた阪神が、若手育成へと方針転換。自身の成績低迷もあり、阪神入りはかなわなかった。

「結局、他の球団からも声がかからず、8000万円ダウンで残留しましたが、1年契約にとどめたことで、今オフの移籍に含みを持たせた。交流戦では、阪神を含めた他球団が欲しいと手をあげるだけの成績を残して、アピールしたい考えのようです」(阪神担当記者)

 試合の行方とともに、選手の“遺恨”もまた交流戦のハイライトである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!