芸能

田原総一朗の不適切発言を「朝生サイド」が一方的に謝罪した“内情”とは

 ジャーナリストの田原総一朗氏が6月2日、自身が司会進行を務める政治討論番組「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)に出演。その不適切発言から司会者としての能力を疑問視する声があふれる事態となった。

 加計学園騒動を論じる最中、田原氏は元首相秘書官の柳瀬唯夫氏について「柳瀬のヤツは何やってんだ」と糾弾すると、放送禁止用語としてかなり周知されている不適切な表現を用いて柳瀬氏を呼称。その後、同局の村上祐子アナの顔に画面が切り替わり「先程、田原さんから不適切な発言がありました。お詫びいたします」とアナウンスすると、続けて「田原さん、(進行再開を)お願いします」と討論を再開させた。

「84歳となった田原総一朗氏による失言は今回が初めてのケースではないですが、本人は発言について『とんでもないってことを言いたかっただけなんだけどね。はい。まぁいい』と番組中にコメントし、結局、自身の言葉で謝罪をすることなく終えています」(テレビ誌ライター)

 視聴者からはネット上に「本人が謝罪しないなら意味ないのでは?」「番組側が“田原さんから不適切発言が”と失言の主を指定したのは興味深い。彼と心中したくないという番組側からの意思の表れか」「田原さん、少し頑固すぎないですかね」といった反応が寄せられた。さらに「そもそもここ数年の田原さんの暴走は目に余る」「なぜいつまでも公平性に欠ける司会を許すのか」「パネリストの意見をはねのけるのが見ていて不快になる」など、田原氏の司会者としての適性を疑う声まで続出した。

「討論を円滑に進めることが司会進行の役割ですが、自身も積極的な取材を敢行する田原氏はその持論が強すぎるあまり、“強大な権限を持つパネリスト”として討論に参戦する。もちろんこのスタイルこそ彼の特徴でもあり、おもしろさでもありますが『司会者としてダメ』『進行として裁く権限を持ちながら討論に参加するのはズルいし、暴走につながる』などと、不満に感じている視聴者も最近はますます多くなってきているようですね」(前出・テレビ誌ライター)

 爆弾発言の投下から、一気に自身の司会者としての欠点をブーイングされる事態へと急転する羽目となった田原氏。80代も半ばにして、まだまだその“ギリギリなせめぎ合い”をやめるつもりはなさそうな元気さには感心するばかりだが…。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…