芸能

「関口宏と田原総一朗」老害の象徴に聞かせたい林家木久扇「笑点」引退の弁

「マンネリ」「感動の押し売り」と批判されるようになって久しい「24時間テレビ」(日本テレビ系)だが、今年もなんだかんだいって見てしまった。今回のテーマは「明日のために、今日つながろう」。スタート開始直前まで明かされなかったチャリティーランナーが誰なのかに興味はあったが、ヒロミだとわかり、トーンダウン。「空白の10年」から復帰後、ずっと続いてるヒロミの「いい人キャンペーン」の一環でしかない。

 2日目の8月27日もダラダラ見ていると、「チャリティー笑点」のコーナーが始まった。すると春風亭昇太が「最後に木久扇さんから重要なお知らせがあります」と言うではないか。「お、全国ラーメン党の新店舗がオープンするのか。それとも『いやんばか~ん…2023』をサブスク配信するのか」と座り直してワクワクしながら見た。

 引っ張るだけ引っ張って、いざその時になると、木久扇はカメラに向かって言った。

「私、林家木久扇は来年の3月をもって『笑点』を卒業したいと思います。どういうことかというと、芸というものは次の世代にバトンタッチしなくちゃいけません。私の『座布団の芸』も、新しい人にバトンタッチいたします」

「座布団の芸」というのはむしろ山田隆夫のほうじゃないのか、とツッコミを入れたくなったが、まあ予想通りの「お知らせ」ではあった。当の本人は、

「ちょうど今日の『24時間テレビ』のテーマが『明日のために、今日つなごう』と、こういうテーマでありましたんで、私は背中を押されたわけであります」

 と、その理由を語った。

 1966年にスタートした「笑点」に、木久扇は1969年からメンバーとして参加しており、現在、最古参・最年長の大喜利メンバーだ。ここ最近で「笑点」を去った大喜利メンバーといえば、林家こん平、桂歌丸、三遊亭円楽(6代目)、林家三平(2代目)あたりが思い浮かぶ。いずれも高齢や病が原因で、唯一の例外は林家三平。年齢も若く、健康面も問題なかっただろうが、「おもしろくない」という、芸人としては最も致命的な病に侵されていたようで…。

 現在85歳の木久扇。くれぐれも体調には気を付けて、「卒業を待たずして…」などということがないことを祈りたい。

 それにしても、木久扇のこの勇退の弁。昨今、老害ぶりが激しい関口宏や田原総一朗にも聞かせたいものだ。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】