事件

「紀州のドン・ファン」の55歳年下の若妻が出演していた4本の艶系ビデオ

 5月24日に急死した「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏。6月6日になって、和歌山県警は死因について、法律違反の薬物を体内にとりこんだことによる急性中毒であるとみているという。

 資産家として知られる野崎氏の不審な死で、疑いの目が向けられているのが55歳年下の若妻のSさんだ。野崎氏とSさんは、今年2月に結婚したばかり。知人を介して知り合った2人だが、Sさんが東京と野崎氏の住む和歌山を往復することを認め、月100万円の手当てをSさんに支払っていたことなど、一般的な結婚生活と比べて奇異に映るものだったという。

 そして今、Sさんの「もう一つの顔」が明らかになり、注目されている。それは、艶系ビデオでの出演経験があるという点だ。

「6月12日発売の『FLASH』によると、結婚前の17年に少なくとも4本の艶系ビデオに出演していたそうです。女優としてではなく、ナンパされてホテルに連れ込まれるという作品なのだとか。そのことは、野崎氏が亡くなる前に、野崎氏が経営していた会社の従業員の間で話題になったそうです。野崎氏は、それを知らないまま亡くなったのではないかと言われています」(芸能ライター)

 記事には、アンダーウエア姿でハイヒールを履いたままベッドに上がるSさんとされる女性のカットが──。

 警察は現在、野崎氏が亡くなる20日前に怪死した愛犬・イブの亡骸を掘り起こし、事件性がないか調査しているという。果たして、野崎氏があの世で心安らかに過ごせる時は来るのか。

カテゴリー: 事件   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上