芸能

おのののか、NBA巡る「アンチ一般人」一蹴ぶりが熱烈支持された3つの理由!

 今回の反論についてはスポーツを愛する多くの人たちに支持されているようだ。

 おのののかが、自身のツイッターに寄せられた一般ユーザーからのイヤミな内容の投稿に反応し、苦言を呈したのは6月3日。おのは小学時代から高校時代までバスケットボール部に所属していたこともあり、熱心なNBAファンとして知られており、2日の投稿でもNBA関連の投稿を連投していた。

 それに対して、おもしろくないと感じたのか、一般ユーザーの1人が「NBA好きなの? あんまりわかってない感じする」と、おののNBAに対する知識を疑問視するコメントをぶつけていた。

 おのはこのコメントを取り上げ、〈どこまでが分かっててどこまでが分かってないになるんだろ〉と疑問を口にしたうえで〈たまにスポーツ観戦する上で、詳しく知らない奴が口出すな!的な考えの人いるけどそーゆー人のせいでスポーツ観戦のハードル上がって観る人増えないのよね。NBAファイナルほんと面白いからバスケ普段観ない人にも観てほしいんだけどな~〉と、競技を観戦するうえでその競技の知識が必要と考える層の意見に反論。

 さらにその後のツイートでも〈知ってる人も知らない人もみんなでワイワイ観戦できるのがスポーツの良さだと私は思うんだけどな〉と、自身が思う最高のスポーツ観戦の楽しみ方についての意見を述べている。

 このド正論とも言えるおのの意見に世間からも「おっしゃる通り」「最近は無駄に専門家ぶるヤツが増えたよな」「にわかだろうがちょっとでも興味もって応援してればファンだと思う」と言った声が上がるなど、おのを支持する声が大多数となっている。

 そういった背景もあり、今回の発端となったおのの知識を疑問視する投稿をした一般人はツイッターのアカウントを削除し、逃亡している。

「そのスポーツに詳しくない人は興味を持ってはダメという自己中な考え方を持つ人はどの競技のファンにもいるでしょう。しかし、その発言自体がそのスポーツそのものが注目を浴びることを妨げているということに気付いていません。おののように競技に対する知識を疑問視されたという経験がある人も意外に多いでしょうから、今回はそういった人たちからも支持を得たようですね。それに今回のおのの場合は、知識を疑問視してきた一般ユーザーのペースに流されず、自分がどれだけバスケをわかっているというアピールはいっさいしていなかったことも好感が持てますね。また、おのは日本の男子プロバスケリーグ『Bリーグ』の今年のオールスターゲームでアンバサダーを務めていましたから、その立場も考えるとナイスな発言だったと思います」(スポーツ紙記者)

 今回のおのの主張はバスケットに限らず、全てのスポーツのファンたちの耳にも届いてほしいものだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」