スポーツ

三浦知良の呪い「背番号11」の総得点はたったの「1」

 98年仏W杯から6大会連続6度目の出場を果たしたサムライブルー。アジアの雄としてベスト16を2度経験したものの、常に決定力を問われ続けてきた。それもそのはず、攻撃の核となるはずの背番号「11」と「10」が、まるで呪縛されたかのように不振にあえぐのだ。

「外れるのはカズ、三浦カズ」──。4年に一度、W杯の前になると、思い出される衝撃のセリフ。98年フランス大会の直前、岡田武史監督(61)はW杯出場を悲願と公言していた三浦知良(51)に落選通告を言い渡した。

「そのレジェンド・カズといえば、背番号『11』。チーム移籍の際、500万円で譲り受けようとしたという逸話が残るほど、愛着を持っていた。そのため日本代表の『11』は、W杯の夢の舞台を逃したカズの怨念が乗り移る『呪いの番号』と言われています(笑)」(スポーツ誌編集者)

 歴代のメンバーを見ると、98年がMF小野伸二(38)で、以降はFW鈴木隆行(42)、FW巻誠一郎(37)、FW玉田圭司(38)、FW柿谷曜一朗(28)と続く。

「W杯本番で得点を挙げたのは、02年の鈴木だけです。玉田は06年大会でブラジルから得点を奪っているが、その時は『20』だった。翌大会は2試合に出場するもゼロでした」(スポーツ誌編集者)

 過去6大会でチーム総得点が14というのも寂しいが、小野以外の4人のFWでたったの1得点。ロシアの地では、西野監督が高く評価し、シャドー(1.5列)で活躍が期待されるMFの11番・宇佐美貴史(26)に熱い視線が注がれる。

 同時に、背番号「10」を背負った歴代のMF名波浩(45)、FW中山雅史(50)、MF中村俊輔(39)、MF香川真司も、本番で期待を裏切ってきた。

「W杯史上、日本人の初ゴールは中山ですが、背番号は『9』でした。06年の初戦こそ中村が初ゴールを奪うも逆転負けし、その後は体調を崩して予選敗退。4年後は本番直前に本田にポジションを奪われてベンチを温めた。前大会の香川にしてもベストコンディションには程遠く、初戦はシュートゼロで途中交代し、2戦目は先発を外れた。まさに『ガラスの10番』でした」(スポーツ紙デスク)

 ロシアの地で宇佐美と香川が呪縛を解けるか‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”