芸能

カリスマモデル・ゆきぽよ、「元カレは全員留置所」発言の波紋!

 ギャルモデルのゆきぽよこと木村有希が「サンデー・ジャポン」(TBS系)6月3日放送回で発した衝撃コメントに対し、ネット上で賛否が飛び交う事態となっている。

 軽いノリと自由奔放な発言で徐々にバラエティ番組の出演を増しているゆきぽよは、同番組名物企画「ワールド・ワイド・ニュース」のVTR明けに、司会の爆笑問題・田中裕二から「恋人にプレゼントして喜ばれた体験とかはありますか?」との話題を振られると、「ゆき、今までの彼氏全員留置所に行っちゃうんですけど、雑誌のチャンプロードとかクロスワードを差し入れであげると喜びますよー」とし、突如“面会差し入れあるある”を展開。

「あっけらかんとした様子で過去の衝撃的な恋愛遍歴を暴露したゆきぽよには、スタジオにいたテリー伊藤氏も『おもしろいね!』などと賞賛し、ネット上からも『朝から大笑いした』『とんでもないことを笑顔で言ってるのが笑えた』『なぜか好感度が上がってしまう不思議』との高評価が続出しました」(テレビ誌ライター)

 見た目のイメージを裏切らないヤンチャな恋愛遍歴だが…異を唱える声も噴出したようだ。

「一方で、『何でも暴露すりゃいいってもんじゃない』『自分がグレーな人間関係を築いてきたことを進んで明かすとは…』『この発言がキッカケで彼女を好きになってるヒトの気が知れない』『日曜の朝からお茶の間に届ける情報ではないし、周囲も持ち上げすぎ』など、その発言の是非が問われているのが実状です。確かに最近のバラエティーでは過激なコメントや発言を繰り出すことで人気が急上昇し、ブレイクのキッカケとなることは少なくないです。でも、だからと言って後先や分別を考慮せずにやりたい放題ではテレビの品格が問われてしまう可能性もありますからね」(前出・テレビ誌ライター)

“目立ちたいがゆえの過激な言動”とは、昨今問題視される一部の動画配信者のようにも聞こえてしまう。抜群の容姿とスタイルを誇るカリスマモデルとして高い評価を確立しているゆきぽよだけに、その最大のウリが“爆弾発言商法”とならないよう祈りたい。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…