芸能

俺たちが「抱きたい40・50代」美女ランキング<1000人アンケート>(2)存在感を増してきた木村多江

 ここにきて5位と存在感を増したのが、春ドラマ「あなたには帰る家がある」(TBS系)で魔性の嫁を演じる木村多江(47)。これまで演じてきたのは不幸な役柄ばかりという「薄幸女優」として知られているが、

「私生活ではエリート広告代理店マンと結婚して1児の母。野菜ソムリエの資格を持っていて、撮影がない日は家族のために野菜たっぷりの手料理をふるまう献身妻です」(芸能関係者)

 そんな木村にアブノーマルな願望を明かすのは下関氏だ。

「『あなたには──』と同じく、7年前に放送されたNHKのドラマ『カレ、夫、男友達』でもユースケ・サンタマリアと夫婦役を演じましたが、そこで彼にお仕置きとして頭からマヨネーズをまるまる1本ブッカケられるんです。顔面マヨネーズまみれになっても美しさは変わらない。一度でいいから、ありったけの“精”で汚してみたいですね」

 離婚経験者も負けられない。小泉今日子(52)が8位にランクインして意地を見せたが、芸能評論家・織田祐二氏がこの結果に「喝」を入れる。

「キョンキョンを抱かずに誰を抱くというのでしょうか。確かに、豊原功補(52)との不倫騒動で叩かれましたが、それは彼女のボディがそれだけ魅力的だったということ。彼女は男に尽くすタイプのようなので、小ぶりながらしっかりと前に突き出たミサイル型のオッパイをむんずとつかみ、征服欲を満たしたいですね」

 小泉を2票差で猛追するのが、同じくバツイチの中山美穂(48)だ。今年5月には、約5年ぶりの主演映画「蝶の眠り」(KADOKAWA)が公開された。

「アルツハイマー病を患う女性作家という難解な役どころでしたが、フェロモンは十分。ベッドの上に横たわるシーンでは、ノースリーブワンピ越しに、バストの重量感が伝わってきて、かなりドキドキさせられました」(織田氏)

 惜しくもトップ10入りはならなかったが、6年前に離婚が報じられた菊池桃子(50)の人気も根強い。

「あの甘えん坊のようなしゃべり方に、どんな男も骨抜きにされそう。今年の春に報じられたストーカー被害は笑い事では済まされませんが、まさに罪作りな美貌の持ち主ですね」(織田氏)

 はたして、来年のランキングはどんな顔ぶれに!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手