スポーツ

ついに殺害予告が! W杯コロンビア代表選手に「日本と決勝T進出」望む声

 サッカーファンとしては何としても最悪の事態は免れてほしいことだろう。

 ロシアW杯で日本代表の初戦の相手だったコロンビア代表選手の公式ツイッターに批判が殺到する事態となっている。日本代表は格上のコロンビア代表に2-1で歴史的勝利をあげたが、勝利を大きく引き寄せたのはやはり試合早々に数的有利な状況を作れたこと。

 前半開始3分で香川真司のシュートをコロンビア代表のMFカルロス・サンチェスが右腕でブロックし、一発退場。日本はその後有利にゲームを進められたのだが、それゆえにサンチェスのツイッターには励ましの言葉もあれば、批判する言葉も見られた。サンチェスを批判する書き込みの中には「コロンビアに帰って来ないほうがいいだろう。お前には死が待っている。24時間以内に家族をコロンビアから退去させないと後悔するぞ」といった殺害予告ともとれる書き込みを見受けられている。

 こういった脅迫めいた投稿はすぐに削除されているが、サッカーファンからコロンビア警察などに捜査を求める声が相次いでいるという。

「やはり思い出されるのは1994年のアメリカ大会の第2戦であったアメリカ戦でオウンゴールをしてしまったコロンビア代表のDF・アンドレス・エスコバルの一件です。エスコバルはコロンビア代表の早期敗退の戦犯と判断され、帰国した直後に暴漢に射殺されてしまうというW杯史上最悪の事件として知られています。コロンビア側にとっては、グループリーグの対戦国の中で日本は勝って当たり前の相手という認識もあっただけに、サンチェスとエスコバルの写真を並べた投稿も見られています」(スポーツ紙記者)

 日本のサッカーファンからも「敵ながらすごい気の毒」「活躍したらヒーローとして崇められるけど、ミスしたら殺されるなら割に合わないだろ」「コロンビアは日本と一緒になんとしても決勝トーナメントに進出してほしいな」といった声が上がっている。

「唯一の救いは今回の試合が負けたら終わりの決勝トーナメントではなく、グループリーグの一戦だったということ。決勝トーナメントに進出できるのは上位2チームですからコロンビア代表が今後の2試合を最少失点で制することができれば、決勝トーナメント進出も十分に可能。そうなれば、サンチェスを責める声はそこまで出てこないでしょうから、何としても日本と一緒に決勝トーナメントに進出してほしいところですね」(エンタメ誌ライター)

 前回大会では、ブラジル代表のエース・ネイマールに対し、コロンビア代表DFファン・スニガが強烈なひざ蹴りをかましたことでネイマールは腰椎を骨折。その際にはスニガにも殺害予告や自身の家族に危害を加えるといった声も見られていたが、結局は何事もなかった。今回の出来事も杞憂であることを願いたいものだ。

(田中康)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!