事件

麻原「死刑執行後」を上祐史浩が激白60分(1)麻原神格化は始まっている

 オウム真理教の教祖・麻原彰晃(本名・松本智津夫)に死刑が執行された。重大局面を迎えた中、オウム回帰が進むアレフの動向にも注目が集まる。そこで、かつて麻原の側近としてスポークスマンを務めていた上祐史浩氏を直撃。麻原死刑後の“オウム”が語り尽くされた。

 法務省が法に従って行うことに、かつての教団に重大な道義的責任がある私が、何かを言う立場でもないと思いますが、地下鉄サリン事件発生から23年、06年の麻原の最高裁判決(死刑確定)からも12年が経過している‥‥法規上は(死刑の執行は)判決から6カ月ということもあり、また、被害者の方のお気持ちも考えるならば、長かったな、と思います。

 加えて、私個人の話をするならば、07年以降はアレフから脱会・独立して、麻原とアレフを批判してきましたので、麻原からしてみれば、裏切り者の立場です。仮に、麻原と教団が昔のように健在であれば、場合によっては、ポア(オウム真理教が敵対勢力の殺害を示す隠語)の対象になりかねない一面もある状況。そういった意味でも、ようやくだなという気持ちがあります。

──

 かつてオウム真理教のスポークスマンとして教団の主張を代弁してきた上祐史浩氏(55)。だが、07年にオウムの事実上の後継団体であるアレフを脱会。08年に脱麻原宣言を標榜する「ひかりの輪」を設立する。

──

 麻原を死刑にすれば、アレフがかつてのオウムのように武装化するといった疑念があることを知っていますが、それはないと思います。ヴァジラヤーナ(オウムによる暴力革命を肯定する麻原の教え)を信じ、確信犯的に武力活動を行っていたオウム時代の幹部信者と違い、今のアレフは幼稚な陰謀論だけの団体です。その幹部は、オウム時代に武装化の経験もなく、現状維持の保身や布教拡大が中心です。

 そして、公安調査庁が言うような、死刑後の神格化による脅威についても、実際は、必ずしも死刑が契機になるとは考えていません。麻原は自分の予言や講話の中で、磔になって処刑されたイエス・キリストとは違って、自分は軍事的な王として勝利したダビデ(古代イスラエルの王)の役割だと述べていた。つまり、武人の王という表現を取りつつ、世紀末に現れた救世主=自分は不死なんだというメッセージを送り続けていました。それを獄中からも繰り返していたのです。

 となると、麻原の死刑が遅れるほど、麻原が超人的な力を持って死刑を回避しているとアレフの信者は解釈します。さらに言えば、結果的に死刑が遅れたことで予言が成就したと判断することも可能です。その一方で、アレフには自分たちが麻原に帰依をすればするほど麻原は死なない、帰依をやめると麻原は死んでしまう、という考えがある。死刑執行は、こうした妄想的な考えに楔を打つことになります。

 こんな話もあります。12年の頭に、特別指名手配されていた平田、K、高橋(元オウム信者・平田信受刑者、無罪になったKさん、高橋克也受刑者)が逮捕、出頭した際、アレフの幹部は信者に対して、自分たちが麻原への帰依を深めていたからこそ、平田らが出頭し、死刑が延びた、と説いたのです。自分たちの帰依に応えた麻原が超能力で死刑を延ばしたという解釈でしょう。そして、今後も(麻原に)生き続けていただくためには、自分たちがその教えを学ぶ必要があるなどと説いています。

 これは公安調査庁が裁判に提出した幹部信者の講話を録音したものからも確認できるし、私も脱会信者から同様の話を聞いています。

※本記事は週刊アサヒ芸能7月12日号(7月3日発売)に掲載

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」