芸能

“代理”でも大活躍!SKE48須田亜香里、総選挙2位も当然の「高評価の理由」!

 6月16日に開票された「第10回AKB48世界選抜総選挙」にて、自己最高の2位に輝いたSKE48の須田亜香里が、その実力を存分に発揮している。

 同総選挙で初の女王に君臨したSKE48の松井珠理奈が体調不良で休業する中、6月27日放送の「テレ東音楽祭」(テレビ東京系)では代理センターを担当。また7月7日の「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)ではセンター松井のポジションを空けた形でパフォーマンスしたものの、須田が歌唱前に「総選挙の感謝の気持ちを込めて歌いたいと思います」との意気込みを口にし、グループ代表の大役を務めていた。そんな須田に対して業界関係者はこう語る。

「握手会では“神対応”として人気の高い須田ですが、業界内でも『仕事ができる』として高い評価を受けています。世間からのブスいじりを笑顔で交わし、7月9日発売の写真集ではかなり際どい肌見せにも挑戦するなど、そのプロ根性への評判は相当高い。今回の“代役センター”に関しても、うっかり何を言い出すのか分からない天才タイプの珠理奈に対し、須田なら安心してトークを任せられるとして、ケガの功名と評するテレビ関係者も少なくありません」

 その須田は、バレエで鍛えたダンス力は一人だけ別次元のダンスを踊っているように見えるほどだが、歌唱力に関しては本人も「歌が嫌いだった」と語るように弱点となっている。そういった個性のもと、一口に「仕事ができる」といっても様々な側面もある中、いったいどの点が評価されているのだろうか。

「彼女が備える能力は『自分に何が求められているか』を即座に理解し、的確に表現する即応力でしょう。48系に限らずアイドルのグラビア撮影では、編集側が期待する表情やポーズができず、難航するケースも珍しくありません。しかし須田は用意された衣装と簡単な説明だけで、編集側が欲しい絵を確実に演じてくれるのです。今回の写真集でも、他のアイドルなら『これ以上は見せられない』『そんな艶っぽいことはしたくない』といった駆け引きや悶着があるものですが、須田の場合は読者が期待するラインを即座に理解し、さらにそれを一枚上回るギリギリまで攻めたに違いありません。そんなセルフプロデュース力が、テレビであれば期待以上のトークとなり、コンサートであればファンをうならせるMCとなって発揮されるのでしょう」(前出・業界関係者)

 その須田は48系の現役アイドルとしては唯一、鈴木奈々らを抱える「ツインプラネット」に所属。これも彼女の即応力が評価された結果かもしれない。そんな彼女が代理センターを務めている限り、48のファン人気は高値安定で居られるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス