芸能

歴代最高の「セーラー服作品」はコレだ!CM編(2)広瀬すず&アリスの掟破りのW制服

 遠山景織子や岡本綾など、代々、透明感あふれる美少女がキャラクターを務めてきた「南アルプスの天然水」(サントリー)のシリーズだが、ここはあえて2007年の多部未華子を激推し。

「彼女ならではの透明感がありながら、これまでの少女たちと違う個性的な演技力に目を見張りました」(美少女研究家・高倉文紀氏)

 通学のバスを待つ停留所の前で、片足を大きく上げてダンスの1人レッスン。そこにバスが到着し、恥じらいながら乗り込み、天然水を口にする。野郎たちの「もしかしたら、チラリするのでは?」という妄想力も大いに刺激した。

 禁断の描写となったのは、デビュー間もない石原さとみだ。その商品はグリコの「ポッキー」で、70年代の山口百恵から続くアイドルCMの王者的存在。

 そこに05年に参入したのが石原さとみだ。まだ女子高生ということで、制服姿での登場となるが、まさか、夜の合コンで定番だった「ポッキーゲーム」がお茶の間に流れようとは…。

 CMのシリーズタイトルも「ついにファーストキス篇」「冷やしてポッキーゲーム篇」と刺激的で、あわや、石原のプルプル唇が奪われてしまうのかとドキドキ感をもたらす傑作であった。

 姉妹そろっての制服姿がまばゆかったのは、15年の広瀬すず&アリスの「ビタミン炭酸MATCH」(大塚食品)だ。江口寿史のイラストとのハーモニーも秀逸で、高い評価を受けた。

「アリス19歳、すず15歳。旬の2人の掟破りのW制服を見られた奇跡の瞬間! 4歳差の2人が同じ制服を着たことはないので、レアショットとなった」(アイドル評論家・織田祐二氏)

 ちなみにすずは、「一平ちゃん 夜店の焼きそば」(明星食品)のCMでも、キュートな制服姿で「全部出たと?」のセリフが話題となった。

 最後は、美少女CMの名門「ポカリスエット」(大塚食品)だ。当時18歳の中条あやみが登場したのは15年のこと。

「170センチの長身をセーラー服に包み、街を疾走したりジャンプしたり転んだりと、躍動感は十分。イギリス人とのハーフたる透き通るような肌の美しさも印象的で、新たな美少女像を確立しました」(前出・織田氏)

 次なる10代の革命者は誰だ?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは