芸能

歴代最高の「セーラー服作品」はコレだ!ドラマ編(2)綾瀬はるかの制服にエプロン姿は斬新

 映画版に続き、ドラマ化された「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年、TBS系)では、綾瀬はるかがヒロインに。

「彼女は背が高く、プロポーションもいいので、セーラー服姿がとても艶っぽいです。これが他のアイドルと大きく違う点。小栗旬や沢尻エリカ、神木隆之介と共演した『あいくるしい』(05年、TBS系)では、母親が亡くなったために一家の切り盛りをする長女役。セーラー服にエプロンという姿が斬新でした」(美少女研究家・高倉文紀氏)

 映画版でヒロインを演じた長澤まさみは、ドラマでは新垣結衣と“神共演”した「ドラゴン桜」(05年、TBS系)での制服姿がピカイチ。さらに、あの「セーラー服と機関銃」(06年、TBS系)でもヒロインを演じるなど、00年代屈指の制服アクトレスとなった。

 さて、制服ドラマの隠れた殿堂といえば「ケータイ刑事 銭形シリーズ」(02~11年、BS-TBS)だ。第1作「銭形愛」(02年)が宮崎あおい、第2作「銭形舞」(03年)が堀北真希、以降も黒川芽以や夏帆、大政絢など、美少女たちをいち早く発掘している。

「プロデューサーの丹羽多聞アンドリウ氏が、かなりこだわって逸材を抜擢しています。中でも初期の宮崎あおいと堀北真希はインパクト大。制服が今風のおしゃれな感じで、決めゼリフの『謎は解けたよ、ワトソン君!』に象徴されるコメディタッチの推理モノという設定もよかった」(前出・高倉氏)

 堀北はその2年後、「野ブタ。をプロデュース」(05年、日本テレビ系)でもさらなる制服美少女の魅力を発揮。さらに「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」(07年、フジテレビ系)では、男子高校生の制服に身を包んでもキュートさを炸裂させた。

 最後は、北乃きい主演の「ライフ」(07年、フジテレビ系)が異色。壮絶なイジメを受ける女子高生という設定で、バケツで水を浴びせられるシーンなどが続出。

「ネクタイをラフに結んでいて、胸元が適度に開いている。そしてスカートが短すぎ!イジメ役の福田沙紀の演技も壮絶で、どちらもカラダのラインがくっきりした制服が艶っぽかった。不謹慎ながら、制服がボロボロやドロドロになる北乃の姿に、ドS心を刺激されました」(アイドル評論家・織田祐二氏)

 少女たちはそれでも前へ進んでいく──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”