芸能

コロチキ・ナダル、“拉致騒動”で松本人志に「何でやねん」反論に賛否

 お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルが7月12日、東京ドームシティにて開催されたお化け屋敷「超・怨霊座敷」開催記念発表会に登場し、大先輩であるダウンタウンの松本人志にモノ申すひと幕があった。

 5月に撮影された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)内の企画で、恵比寿駅前にて突然拉致ドッキリのターゲットとなったナダルだが、当該シーンがあまりにもリアル過ぎたため、居合わせた一般の通行人から警察への通報が殺到する騒ぎに発展。同局幹部が定例会見にて謝罪する事態となっていたものの“拉致被害”を受けた側のナダルは今回の騒動について「あれに関してはしゃあない。ボクは何もしてません。拉致されただけ」と嘆くと、続けて「松本さんは『あれはナダルが悪い』とおっしゃってるらしい。『もっと(ナダルが)有名だったら通報されなかっただろう』と。でも、そんなことはない。松本さんに『何でやねん』と言いたい」とし、自身の知名度に関わらず通報はされていただろうとの見解を示した。

「ナダルによる大御所・松本人志への反論に関して、ネット上では『まぁ被害者だよね。これだけ問題になってるんだし』『とはいえ、この件で名前がそこそこ売れた。オイシイのではないか?』『ひどいこと言う松本が悪い』など賛否両論の様子。中には“この騒動すらも笑いに変えろよ”といった厳しい要請も見受けられました。確かにダウンタウンが司会を務めるゴールデンタイムの番組に芸歴わずか6年の若手がターゲットに選ばれたことは、騒動があったにせよ、ある意味、名を売るチャンスを得たとも言える。普通に被害者として反論しているだけでは、次のチャンスは与えられないかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 生き馬の目を抜く芸人の世界にあって、いつまでも被害者の立ち位置に留まっているようではナダルの今後が心配されるところだが、はたして…?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”