芸能

コロチキ・ナダル、“拉致騒動”で松本人志に「何でやねん」反論に賛否

 お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルが7月12日、東京ドームシティにて開催されたお化け屋敷「超・怨霊座敷」開催記念発表会に登場し、大先輩であるダウンタウンの松本人志にモノ申すひと幕があった。

 5月に撮影された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)内の企画で、恵比寿駅前にて突然拉致ドッキリのターゲットとなったナダルだが、当該シーンがあまりにもリアル過ぎたため、居合わせた一般の通行人から警察への通報が殺到する騒ぎに発展。同局幹部が定例会見にて謝罪する事態となっていたものの“拉致被害”を受けた側のナダルは今回の騒動について「あれに関してはしゃあない。ボクは何もしてません。拉致されただけ」と嘆くと、続けて「松本さんは『あれはナダルが悪い』とおっしゃってるらしい。『もっと(ナダルが)有名だったら通報されなかっただろう』と。でも、そんなことはない。松本さんに『何でやねん』と言いたい」とし、自身の知名度に関わらず通報はされていただろうとの見解を示した。

「ナダルによる大御所・松本人志への反論に関して、ネット上では『まぁ被害者だよね。これだけ問題になってるんだし』『とはいえ、この件で名前がそこそこ売れた。オイシイのではないか?』『ひどいこと言う松本が悪い』など賛否両論の様子。中には“この騒動すらも笑いに変えろよ”といった厳しい要請も見受けられました。確かにダウンタウンが司会を務めるゴールデンタイムの番組に芸歴わずか6年の若手がターゲットに選ばれたことは、騒動があったにせよ、ある意味、名を売るチャンスを得たとも言える。普通に被害者として反論しているだけでは、次のチャンスは与えられないかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 生き馬の目を抜く芸人の世界にあって、いつまでも被害者の立ち位置に留まっているようではナダルの今後が心配されるところだが、はたして…?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!