芸能

太田光の裏口入学疑惑、どう転んでも太田にとって“オイシイ”記事だった!?

 爆笑問題の太田光が「日本大学芸術学部」(日芸)に裏口入学していたと、8月8日発売の週刊新潮が報じた。1984年に日芸に合格した太田だが、実際にはとても合格できるような点数ではなく、内装会社を営んでいた太田の父が800万円を支払って裏口入学させてもらったと記事では報じている。

 この記事に太田は、7日深夜放送の冠ラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」にて「バカヤロー。するわけねぇだろ。はらわた煮えくりかえっているんだよ」と、猛反発。記事内で裏口入学について証言している日大関係者に対して「本当に逃げも隠れもしないし公開討論でもしてやる」と息巻いた。また太田の妻で所属事務所を経営する太田光代社長も「民事と刑事両方で訴えます」と全面対決を宣言。はたして太田はこの裏口入学疑惑に対してどのように対応していくのか。芸能ライターが指摘する。

「週刊新潮の記事では太田自身も裏口入学だとわかっていたに違いないとしていますが、800万円を用立てたという太田の実父はすでに鬼籍に入っており、ウラの取りようがない。また“日大関係者”が証言しているものの、裏口入学を認めるような書類が残っているはずもなく、この件は疑惑以上には発展させられないでしょう。その一方で太田側にも“弱み”があります。というのも2000年放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』にゲスト出演した際、太田自身が『受かった。裏口だもん』と語っていたのです。もちろん太田としてはギャグだったことにしたいでしょうが、そういった前言撤回などはみっともないと指摘されてもしょうがないですね」

 それにしても、爆笑問題側は本当に週刊新潮を訴えるのか。ただ、裏口入学の有無は両者ともに証明しようがなく、言った言わないの話に終始する可能性が高い。しかも太田側には勝訴したところで得るものはほとんどないはずだ。しかし今回の記事は、太田にとってマイナスとなる面はほとんどないともいう。芸能ライターが続ける。

「太田はラジオにて『裏口キャラみたいのオレもイヤ。おもしろければいいけど』と語っていました。つまり彼にとっては『おもしろければいい』わけです。そもそもこの疑惑を巡っては、裏口入学そのものについて太田を責めるような論調はほとんどないのが実情。ほとんどの人は太田が裏口入学していたかどうかなどどうでもいいと考えています。そうなると太田は今後、この『裏口キャラ』をいかにオイシイ方向にもっていくかだけを考えればいいだけ。それは手術により片方の玉を摘出した相方の田中裕二が『片玉』とイジられ続けるのと同じ構図でしょう。それこそ片玉ネタと裏口入学ネタをセットにすることで、コンビ一緒の自虐ネタが定番化する可能性すらあります」

 転んでもただでは起きないとはこのことか。太田自身は亡き父を巻き込んだ記事に怒りを示していたが、その亡父は今頃「オレまでネタにされるのか…」と草葉の陰でほくそ笑んでいるのかも!?

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント