芸能

武井壮、セルジオ越後のコメントに噛み付いた「もっともな言い分」

 タレントの武井壮が8月8日放送の「戦え!スポーツ内閣」(MBSテレビ)に出演し、ロシアW杯を総括した辛口評論家のセルジオ越後の意見に異を唱えている。

 サッカー日本代表は初戦のコロンビア戦で、序盤から相手の退場により主導権を握ると勝利、貴重な勝ち点3を手にし、続くセネガルとのドロー、そしてポーランド戦では敗北に終わるも、みごとにグループステージ突破という最低限の課題はクリアしていた。

 しかし、同番組にゲスト出演したセルジオは「(コロンビア戦の)10人の相手に1勝しただけで、結局11人の相手に1試合も勝てなかった。ベスト16からベスト8に行ってナンボですよ」と一蹴。わずか1試合の勝利に留まった日本の戦いぶりに厳しい評価を下すと、同番組レギュラーの武井が「(セルジオさんは)番組にコメント寄せていただいてありがたいですけど、11人でスタートして、その中で反則があって1人減らされて勝っているんですから」「それが序盤に起きようが、中盤で起きようが、終盤で起きようが同じことです。11人対11人でやって勝ったんですよ。しっかり勝ってます。全然ズルくないですよ」などと反論している。

「確かにセルジオの言う通り、今回の日本代表が多少判定に救われた部分があることも事実であり、勝ち点3を得たのは退場処分が下されたコロンビア戦だけです。しかし、武井壮が言うようにコロンビア選手が退場したのは日本のシュートをハンドで止めるという明確なファウルがあったからであり、日本が何か恩恵を受けたわけでもありません。ネット上では今回の2人の議論に関して『現状の力ではあれが限界』『ゴタゴタがあった後の割にはよくやった』『ベスト16よりも上を目指すなら全然ダメだよね』などの声が上がり、賛否両論。しかし大方は日本の奮闘をねぎらう反応が多いですね」(スポーツライター)

 サッカー界に長く在籍し、日本代表をさらに強くさせたいと願うセルジオと、アスリートや選手の立場になって考え、本気で戦い抜いた現場の人間を讃えたい武井。意見に多少の相違はあれど、サッカー界への強い想いや、輝かしい未来を願う気持ちは一致していると言えそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…