芸能

山内惠介、「演歌界のシークレットブーツ」異名をとる“天狗ぶり”に懸念の声

 演歌歌手・山内惠介といえば、男性若手演歌歌手として最近は頭角を現しているが、意外にも業界内の評判はあまり芳しくないという。

「35歳でそこそこ売れているからといって、この演歌の世界ではまだまだ若手です。にもかかわらず、かなり天狗になっていて、音楽番組では共演する先輩歌手へのあいさつすらしない時もある。普通なら周囲が注意したりするものですが、所属事務所は決して大手とはいえず、山内さんが圧倒的な稼ぎ頭という状況もあって、周囲も御機嫌とりのイエスマンばかりみたいですからね」(音楽番組のスタッフ)

 そんな山内は今月に東京・明治座で初座長公演を行っている。通常の「座長公演」といえば1カ月公演が普通だが、今回は10日ほどの公演で、しかも、客入りが不安なのか、共演者として人気80年代アイドルとして知られる南野陽子を配しているのだ。

「実はこの公演はニッポン放送が山内の名前を出さずに明治座を押さえていて、貸し小屋として使っているだけで、明治座制作の公演ではないんです。山内の事務所がスケールの小さい山内に“格”を付けさせたいため、“明治座初座長公演”とうたっていますが、後になって山内の公演だと知った劇場関係者もこれにはかなり憤慨していますよ」(大手レコード会社の関係者)

 さらに、同関係者はこうも続ける。

「山内に関しては、以前には音楽チャートにおけるCDの売り上げ枚数に関しても、握手会イベントなどにおいてハグなどの特典をエサにファンへの大量CD購入をあおるえげつないやり口が一部で報じられましたからね。態度の悪さに加えて、こうした“上げ底”ぶりから、陰では『演歌界のシークレットブーツ』と呼ばれています」

 山内が“ブーツ”を脱ぎ捨て、真の人気演歌歌手になる日は来るのか!?

(馬場流 航)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!