スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「エイシンゾーンが差し切る」

 夏競馬も大詰めを迎えた。新潟は新潟2歳Sがメインだ。来週、札幌2歳Sが控えており、フルゲートにはならないだろうが、それでも顔ぶれは悪くない。走破時計、レース内容を思うと、クラシック戦線で活躍しそうな馬も少なくなさそうだ。

 ただ、まだキャリア1、2戦の馬ばかり。これから大きく成長していく馬も少なくなく、評価どおり簡単には決まりがたい。

 馬単が導入されたのが02年。これまでの16年間で1番人気馬は7勝(2着2回)、2番人気馬は1勝(2着2回)。大きく荒れることもあるが、それほど多くはない。ただこの間、1、2番人気で決まったのは、わずか2回のみ。まずは中穴傾向の重賞と言っていいだろう。

 さらにデータを見てみよう。過去16年で牡馬が10勝(2着9回)、牝馬は6勝(2着7回)。勝ち数は牡馬が多いものの、出走頭数を思えば牝馬のほうが勝っていると言ってもいい。過去には牝馬同士で決着したこともあり、牝馬を軽く見るのは禁物だ。

 期待を寄せたいのはその牝馬。エイシンゾーンをイチオシしたい。

 デビュー戦はクビ差の辛勝だったが、3着以下を離してのもので、走破時計も優秀。最後は囲まれる形で抜け出すのに苦労していたが、しっかりした末脚で2着馬をネジ伏せたように、レース内容はよかった。

 続く前走の中京2歳Sは3馬身差の完敗。が、道中、引っ掛かって折り合いを欠く場面がありながら2着を確保したもので、評価を下げるのは早い。多分に2走目のポカ(2走ボケ)だったのではないだろうか。

 前走後はここ目標にしっかり調整されてきており、出走態勢はまず万全と言っていい。1週前の追い切りも軽快でリズミカルだった。

 前2走とも左回りの中京。決め手は鋭く、平坦の新潟マイル戦は持ってこいだろう。

「落ち着きを取り戻しており、前の馬を壁にして、しまいを生かす競馬をしたい。相手は強いが、そう差はない」

 と、松元茂調教師は期待のほどを口にする。良馬場条件に、大きく狙ってみたい。

 逆転候補と見たいのも、牝馬のジョディーだ。デビュー戦の前走から斤量が2キロ増えるのがどう出るかだが、牝馬にしては馬格もあり、そう心配する必要はないはずだ。

 その前走の新馬戦は、楽々と逃げ切ったもの。素質はかなりのものと言ってよく、気性も素直なので抑える競馬も可能だろう。

 こちらは4代母グローイングトリビュート(米国最優秀繁殖牝馬に選出された名牝)で、一族にシーヒーロー(ケンタッキーダービー)、モーツァルト(ジュライC)、イースタンエコー(フューチュリティS)、そして米3歳女王ブライダルフラワーなど、GI勝ち馬がキラ星のごとくいる良血。チャンスは十分あると言っていいだろう。

 キーンランドCも牝馬の活躍が目立つが、狙ってみたいのは、3歳牡馬のダノンスマッシュだ。

 前走は初の古馬相手にゴール前鋭く伸びて差し切り勝ち。6ハロンのスプリント戦は初めてだが、資質の高さをみごとに示して見せた。マイルのGI戦、朝日杯FS、NHKマイルCでも差のない競馬をしており、ならばベストの6ハロン戦での期待は膨らむというものだ。

 前走後はここを目標に乗り込まれており、仕上げに抜かりはない。力強い走りっぷりから、初めての洋芝でも問題はなく、むしろ合っていると見ていい。好走必至と見た。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱