スポーツ

清原和博、告白本で「薬物修羅」を明かすも「語らなかったこと」とは?

 7月に発売された「清原和博 告白」(文藝春秋刊)の売れ行きが好調だという。世間では、記念すべき夏の甲子園100回大会での熱戦が繰り広げられたばかりだが、その甲子園歴史館から清原氏関係の品は撤去され、今年の記念すべき大会の始球式にもOBのリストにも、その名はなかった。

 同書で浮き彫りにされているのはそんな清原氏の“番長”と呼ばれた世間での強いイメージとは真逆の、ひとり孤独に薬物と闘う彼の本音だ。

 引退後しばらくは、家族と過ごす時間が増え、それは幸せな時間だった清原氏は、しかし一方で野球以外に打ち込めるものがなかった。「ホームランより自分を満たしてくれるものはない」。心の奥にぽっかりと満たされない空虚感から酒に溺れた。そんな時に法律違反のクスリをつい使ってしまったというのだ。最初は軽い気持ちだったが、〈支配されて〉しまい、〈闇の世界に入って〉いったという。

しかも、薬物を使っても、〈心にぽっかりと空いた穴〉は埋まらず〈薬の効果で一時的には嫌な自分を忘れることができただけ〉だった。ただ、そこまでどっぷり浸かっていたという認識は本人にはなく、薬を使っていない時は普通の状態で、家族にも影響を与えていないと思い込み、悩むのは一人の時だけだったと告白している。

「この本では、清原氏にとっての地獄は、週刊誌に薬物疑惑が報じられた後に、自宅に帰ると家族がいなくなっていたことが転機だったと強調されています。その後服用量は増し、それでも寂しさから薬はやめられず自死するしかないと、そのための刀を入手しようともしたとか。2016年の2月の逮捕後は、薬物と離れることはできているそうですが、まだ『生きていく力が湧いてきていない』とのこと。ただ、逮捕前から報じられていた反社会的勢力との接点や、離婚した前妻、そのほかの女性関係についての記述もほとんどなく、もう一つ彼が薬物に手を出してしまう背景についての説得力に疑問が残る読後感ですね」(スポーツライター)

 PL学園時代、そしてプロ野球選手時代に残した功績も、その後の大きな過ちにより、帳消しにされたような扱いを受け続けている清原氏。当然の帰結ではあるが、さらなる疑問への説明やリハビリを含めた今後の行動で、苦境から抜け出せることを待ちたいところだ。

(島花鈴)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声