スポーツ

連投の金足農・吉田輝星「代表入り」の影で“泣かされた”もう一人の好投手

 大会No.1投手と称賛された金足農・吉田輝星の雄姿は、全日本では見られないかもしれない。夏の甲子園大会が終わり、第12回BFA U-18野球選手権大会に参加する代表メンバー18人が発表された。そこには吉田の名前もあったが、日本高校野球連盟(以下=高野連)は、彼の代表入りには慎重だったという。

「大会終了後、ドクターチェックを要請しました。そして医師から『連投の問題ナシ』の診断結果を受け、代表入りの最終判断がされました」(球界関係者)

 こうした気配りを聞かされると、高野連は柔らかくなったものだ、と思わずにいられない。代表監督を務める元報徳学園の永田裕治氏も球児に無理をさせないタイプなので、いい意味で吉田は温存、先発なら1試合、あるいは、勝ちゲームのみの救援登板ということになりそうだ。

「吉田がドクターチェックで引っかかった場合、数人の代理リストも作成されていました。その中には、派手なガッツポーズを注意された創志学園の西純矢投手もいました」(スポーツ紙記者)

 前出の関係者によれば、県予選からの連投も加味し、吉田は選ぶべきではないとの意見も出ていたそうだ。結果、「ドクターチェックを経てから判断する」となったわけだが、ガッツポーズを注意した一件に関しては、「そこまで目くじらを立てなくても…」とする意見も、大会中から寄せられていた。実際、U-18野球選手権大会ではそういう細かいことは注意されない。諸外国の投手のほうが、感情を表に出しやすいからだ。西投手ではなく、投球制限が掛けられる形の吉田をあえて選んだのは、主催国としての話題作りか? 

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!