スポーツ

連投の金足農・吉田輝星「代表入り」の影で“泣かされた”もう一人の好投手

 大会No.1投手と称賛された金足農・吉田輝星の雄姿は、全日本では見られないかもしれない。夏の甲子園大会が終わり、第12回BFA U-18野球選手権大会に参加する代表メンバー18人が発表された。そこには吉田の名前もあったが、日本高校野球連盟(以下=高野連)は、彼の代表入りには慎重だったという。

「大会終了後、ドクターチェックを要請しました。そして医師から『連投の問題ナシ』の診断結果を受け、代表入りの最終判断がされました」(球界関係者)

 こうした気配りを聞かされると、高野連は柔らかくなったものだ、と思わずにいられない。代表監督を務める元報徳学園の永田裕治氏も球児に無理をさせないタイプなので、いい意味で吉田は温存、先発なら1試合、あるいは、勝ちゲームのみの救援登板ということになりそうだ。

「吉田がドクターチェックで引っかかった場合、数人の代理リストも作成されていました。その中には、派手なガッツポーズを注意された創志学園の西純矢投手もいました」(スポーツ紙記者)

 前出の関係者によれば、県予選からの連投も加味し、吉田は選ぶべきではないとの意見も出ていたそうだ。結果、「ドクターチェックを経てから判断する」となったわけだが、ガッツポーズを注意した一件に関しては、「そこまで目くじらを立てなくても…」とする意見も、大会中から寄せられていた。実際、U-18野球選手権大会ではそういう細かいことは注意されない。諸外国の投手のほうが、感情を表に出しやすいからだ。西投手ではなく、投球制限が掛けられる形の吉田をあえて選んだのは、主催国としての話題作りか? 

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)